8月 13, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

塩ミルク餡・・・オムレツ? 日本のパン屋がケーキ売り場にサプライズを追加

誰もが話題になる新しいおやつ。

日本には特定の都道府県に店舗を限定しているベーカリー チェーンがたくさんあります。 九州の福岡県地元で人気のベーカリー チェーンを見つけることができます シロヤ。

興味深いことに、地元の人に白屋で買うべきおすすめのものを尋ねると、彼らは「」と答えます。オムレツ』 と、先日現地を訪れた弊社記者の砂籠正貫氏が即座に検証した。

近くの支店に移動した後、マサヌキはしゃがみ込んでショーウィンドウをのぞき込み、「オムレット」という言葉を探しました. オムレツの看板を見つけるのにそれほど時間はかかりませんでしたが、奇妙なことに、看板の後ろの人はオムレツのようには見えませんでした.

▼「オムレット」

正貫さんは、カウンターの後ろのスタッフと話をした後、これらの「オムレツ」が実際に存在することを知りました. と小さなケーキ 特製ホイップクリーム. 白屋さんが1964年から作っているお菓子ですが、昨年の春、ファンのSNSで話題になり、一躍人気者になりました。 「和菓子の卵焼き“。

オムレツは通常、ふわふわで風通しの良いケーキポケットの中にホイップクリームが挟まれていますが、みんなの注目を集めたのは新鮮な クリームの代わりにあんこを使った塩ミルクあんこオムレツ ペースト それ以外の.

オムレツはどれも信じられないほどお手頃価格で、クリームはお値打ちです 各50円、以前は1個40円でしたが、それ以前は35円でした。 従業員によると、価格が安いため、顧客はオムレツをまとめて購入する傾向があり、一度に 10 個または 12 個注文する人が多いという。

塩ミルク餡は1個75円なのに対し、4個入り300円と少し高めですが、食感や具材はワンランクアップしているのがわかります。

▼塩ミルクあんこオムレツ(左)とオムレツ(右)

正貫さんが最初に食べたのはシンプルなオムレツで、スーパーやコンビニでよく見かけるケーキと同じ味かもしれないと思っていましたが、それは別の競技場でした。 軽くてフワフワのオムレツはとても新鮮で、オーブンから出てきたばかりだと思いました。 クリームは甘くてエアリーで、舌の上ですぐに消えていきました.

焼きたてオムレツは、熟成感があり甘みがあり、豆の風味がとても和風でした。 ミルクはクリームの甘さの代わりになり、塩は全体的な風味に対照的なコントラストを加えました.

▼絶対美味しい!

どちらの卵焼きも少し冷やして提供されましたが、こちらの卵焼きはひんやりとした冷感効果があり、暖かい季節にぴったりです。 マサヌキのお気に入りを選ぶのは難しかったですが、どちらも美しく作られていました。

卵は伝統的なオムレツのような味ではありませんでしたが、生地の各バッチに含まれていたため、卵は依然としてショーの主役でした. 地元の高級ブランド卵「みほうらん」. 上質な牛乳は、しっとりとしたコクがたまりません。

マサヌキはこのオムレツを2つだけ食べる予定でしたが、あまりにも軽くてふんわりしていて、一度に5つも食べてしまいました。 またシロヤを止めたら買う レギュラー10個入り、塩ミルク餡2個入り18個入り1,100円 – おいしいケーキの袋がとても安い。

「和菓子の卵焼きまさに絶賛に値するご馳走で、マサヌキが20歳になったら毎日食べているに違いない…。 地元の人のように着物とパンクなヘアスタイルを揺るがす!

関連している: 白谷
写真 ©SoraNews24

● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター!
[ Read in Japanese ]

READ  OC Fair Grounds Japan展示会、パンプキンパッチは誰にとっても何かを保持します