6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

塩漬け用電動スプーンが日本で発売

塩漬け用電動スプーンが日本で発売


電池式スプーンが日本でも発売されました。

プラスチックと金属でできたこのスプーンは、体重を減らすのに苦労している人を対象としています。 研究者らによると、摂取すると健康的な食事が促進されるという。

過剰なナトリウム摂取は、高血圧、脳卒中、その他の症状の発生率増加と関連しています。

日本では、成人は1日あたり平均10グラムの塩分を摂取しており、これは世界保健機関の推奨摂取量の2倍です。

電動塩スプーンは、装置の先端に微弱な電流を流し、舌上でナトリウムイオン分子を集中させます。

日本のメーカーであるキリンによると、食品の塩味を1.5倍に増幅させるという。

同社によれば、ユーザーは4つの異なるレベルから好みの強度を選択でき、これにより従来のビール事業からさらにヘルスケア分野へと事業を移行できるという。

この素材は、以前に電流を利用した電動箸の試作で味覚向上効果を実証した明治大学教授の宮下保美氏と共同で開発した。 彼は昨年ノーベル栄養学賞を受賞した。

同社が2021年に実施した調査によると、減塩を心がけている人は食べ物が不味くなると訴えることが多いという。

スプーンの重さは60グラムで、充電式リチウム電池で動作します。

さらに技術ニュースを読む:
チケットマスターがサイバー攻撃を受けた
「世界最大のボットネット」が解体される
前立腺がんの唾液検査は「数千人の命を救う可能性がある」

キリンは当初、オンラインで200製品を各1万9800円(99ポンド)で販売する。

今月、日本の小売店で限定販売されます。

しかし同社は、5年以内に世界中で100万人のユーザーを獲得したいと考えている。

「日本には塩味を好む食文化がある」とキリン研究員の佐藤愛氏は言う。

「日本人全体として減塩が必要ですが、食生活から抜け出すのは難しいです。

それがこの電動スプーンの誕生につながりました。

スカイニュース

(c) スカイニュース 2024: 塩漬け用電動スプーンが日本で発売

READ  日本の工場生産は8ヶ月で最大の減少を見せた