5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

外国人は2月18日までの週の間に日本株の純売りを変更します

2月25日(ロイター)-ウクライナの緊張と今年の世界的な政策引き締めがセンチメントを圧迫したため、先週の外国人投資家は日本株の週次純売りでしたが、日本での新たなCOVID-19の流行による影響が出ています。

部外者は2月18日までの週に214.5億円(1億8,613万ドル)の日本株を売りましたが、前週の純購入額は2176億4000万円でした。

日本株の外国信用

外国人は246億9000万円のデリバティブを売りましたが、現金証券取引所で32億4000万円の純額を買いました。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ロシアの膠着状態-ウクライナの緊張は先週投資家を緊張に陥れた。 しかし今週、モスクワはウクライナのドンバス地域で軍事作戦を開始し、ウクライナ政府と西側政府を本格的な侵略としてブランド化しました。 続きを読む

先週、米国の小売データとカナダと英国のインフレ率の上昇により、世界的な金融引き締め政策の見通しが高まり、センチメントがさらに刺激されました。

ニッキーコード (.N225) そしてTopixコード (.TOPX)両方とも先週約2%を失い、3週間で最初の週ごとの減少を記録しました。

ただし、国内運送会社の株式 (.IRAIL.T)、これは、日本の新たな感染が減少するにつれて先週得られた、COVID-19エピデミック主導の制御からの経済の再開から利益を得るでしょう。 続きを読む

一方、財務省のデータによると、海外投資家は前週の純売上高が3.15兆円だったのに対し、2.99兆円相当の日本国債を購入した。

日本の投資家は先週、ネット購入から3週間後に560億円以上の株を売りました。 また、外国債券を40億円売りました。

海外株式への日本の投資

($ 1 = 115.2400円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

バンガロールのKauravDograとPaturajaMurugappaの報告。 Uttaresh.Vの編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本の粗製機は懐かしい超小型本を販売しているので試してみました