4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

大谷と菊池に続き、日本の高校が最新の野球の天才選手を育成

大谷と菊池に続き、日本の高校が最新の野球の天才選手を育成

福森博人/読売新聞社/AP

2024年2月20日、岩手県花巻市で写真にポーズをとる日本の高校球児・佐々木林太郎選手。


花巻市
CNN

雪に覆われた日本の北の山にある学校では、有名な元生徒の面影がいたるところにあります。 ロサンゼルス・ドジャースのメガスター、大谷翔平選手とトロント・ブルージェイズの投手・菊池雄星選手の顔があらゆる訪問者を出迎えます。

しかし今、花巻東高校は、大谷や菊池の成績をも上回る高校時代の成績を収め、新たな奇跡を迎えている。

岩手県の閑静な町、花巻で育った佐々木林太郎は、野球のない人生を知らず、妹とコーチでもあった父親と一緒にキャッチボールをして育ちました。

エリート野球チームで知られるこの学校に入学すると、クラスメートと寮を共有し、野球と先達の崇高な業績に熱中した。

「大谷翔平や菊池雄星といった偉大な選手の存在は、私が野球をする理由の大きな要因だった。私は野球に夢中になった」と佐々木はCNNに語った。

現在18歳の彼は、高校生活で140本塁打という驚異的な数字を打ち出し、憧れのレジェンドたちを超え、すでに球史にその名を刻んでいる。 彼は日本プロ野球リーグの1位指名選手だった。

しかし、前任者とは異なり、ササキ氏は異なる道を描いた。 彼は目先のキャリアを避け、代わりに教育を選択している。この秋から、彼はハイレベルの野球を目指してカリフォルニアのスタンフォード大学に通う予定だ。

「新たな挑戦ができる場所だと思う。野球の指導だけでなく、引退後のセカンドキャリアに向けて勉強もしていきたい」とコーチングスタッフの言葉に感銘を受けた。スタンフォードをまるで我が家のように感じさせてくれました。 ファミリーサポートシステム。

佐々木さんは、この教育への関心は、彼のコーチであり、花巻東の野球プログラムの指導力であった父親の寛さんの影響を受けたものだと語ります。

息子の前に大谷と菊池を指導した博司は、アメリカを林太郎のユニークな才能が開花できる土地とみなしている。

佐々木さんはCNNに対し、「日本では欠点ばかりに注目するが、アメリカでは個性を伸ばす。彼にとっては良い選択だと思う」と語った。

父親の指導を受けて、佐々木は恐るべき才能に成長した。 しかし、息子の大谷や菊池と肩を並べるには、コーチはもっとトレーニングが必要だと語った。

京都ニュース/ゲッティイメージズ

ロサンゼルス・エンゼルスの二刀流外野手大谷翔平が、2022年5月10日にカリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで2021年アメリカンリーグMVP賞を受賞した。

ワールドシリーズの本命ドジャースと野球史上最も高額な契約を結んだオオタニは、ロサンゼルス・エンゼルスで投手と指名打者として過去3シーズンでアメリカンリーグMVP賞を2回受賞している。

「これほどのレベルの運動能力を今まで見たことがない」 [Ohtani and Kikuchi]。 彼らがチームに入った瞬間から、筋力を強化できれば、彼らは素晴らしいアスリートになるだろうと確信していました」と、二人の選手が同じジムに座り、彼の見守る中でトレーニングをしていた佐々木氏は語った。 2人のスター選手を育てたことについては、彼はあまり評価されておらず、彼らはどこでも優れていると述べている。

今、花巻東から3人の野球スターが誕生し、佐々木のチームメイトは同じ道を歩むことを誇りに思っている。

「私は彼らをとても尊敬しています。彼らはとても親切で、時々彼らが本物の人間なのかと疑うことがあります。彼らはレベルが違います」とその一人、村上太一さんはCNNに語った。

花巻東は野球予算が少ない公立校であるにもかかわらず、3人の優秀な選手を輩出している。 この成功の秘訣を尋ねると、佐々木コーチは、水中でのそれは神秘的なものではなく、むしろ厳しいトレーニングと純粋な精神力の組み合わせだったと語った。

「最も重要なことは、他人を責めないこと、言い訳をしないことです。私がもう一つやっているのは、具体的な目標を設定することです」と彼は言いました。

若い佐々木は、この次の章に向けて準備を進める中で、野球の才能を育成するという同校の素晴らしい伝統の証である花巻東の精神を携えている。

「いつか大谷や菊池と同じグラウンドでプレーしたい」と語った。 「それが私を駆り立てるものです。」

READ  着陸予定時刻を10分遅らせた日本の飛行機が引き返しを余儀なくされた