4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

天文学者ロイヤル氏、イーロン・マスク氏の火星計画を「危険な幻想」と呼ぶ

天文学者ロイヤル氏、イーロン・マスク氏の火星計画を「危険な幻想」と呼ぶ

スペースX CEO および認定頭脳天才 イーロン・マスク 彼は過去に、100万人を宇宙船に乗せて打ち上げることを目指していると主張した。 2050年以前の火星。 世界で2番目に裕福な人物が経営する宇宙会社は、火星への植民地化は「人類の長期生存にとって不可欠」であると述べている。 マスク氏は、火星への有人飛行はわずか5年以内に実現すると主張した。 地球と火星が並ぶのは 26 か月ごとに 30 日間だけであることを考慮すると、 これはすべて単なる夢物語ですそしてそれは、私たちが住んでいるこの地球上ですでに解決可能な問題を台無しにしてしまいます。

The Lord Speaker's Cornerの最近のエピソード、英国貴族院のポッドキャスト、ラドロー卿リース卿はマスクの計画について多くのことを語った。

「人類が南極に住んでいるのと同じように、火星にも何人かのクレイジーな宇宙飛行士が住んでいるかもしれないと思う。とはいえ、火星は南極よりもはるかに親切ではない」と彼は言う。 「しかし、彼と他の数人の宇宙愛好家が支持する、地球の問題を回避するための大規模な移住という考えは、危険な幻想だと私は思います。」

天文学者ロイヤル、ラドロー卿リース卿: 議長コーナー | 貴族院 | 第16話

短期的に火星に人類を送ることを避ける理由はたくさんありますが、その中で最も重要なのはコストです。 リース氏は、有人宇宙探査は民間資金で行われ、公的資金ははるかにリスクの少ないロボット探査方法に向けられるべきだと指摘している。 「リスク選好度の高い人だけが宇宙に行くべきであり、それ以外の人々ではなく民間資金で行われるべきだ」と彼は言う。

ご存知かと思いますが、火星には呼吸可能な大気や保護磁気圏がありません。 人間の体は、火星に植民地化するために必要な低重力、宇宙放射線、長時間の宇宙旅行に対処する能力が不十分です。 現世代の宇宙船は、火星の100万人を生き続けるために必要な建設重機や資源を輸送するための設備が整っていません。

もしあなたが、地球上で大気中への二酸化炭素の排出量を減らすよりも、100万人を別の惑星に移住させ、何らかの方法で地球を復興させるほうが簡単だと思うなら、イーロン・マスクは確かにあなたに売り込みたいものを持っているだろう。 そして実際、それが重要なのです。

READ  SpaceXは今夜月に2機の宇宙船を打ち上げる予定です