10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Solar Orbiter SOHO Giant Solar Eruption

太陽電池式宇宙船によって捕らえられた大規模な太陽爆発

ソーラーオービターとソーホーの巨大な噴火の見方-クローズアップ。 クレジット:ソーラーオービターチーム/ EUI、SOHO / LASCO、ESA、NASA

欧州宇宙機関/[{” attribute=””>NASA Solar Orbiter spacecraft has captured the largest solar prominence eruption ever observed in a single image together with the full solar disc.

Solar prominences are large structures of tangled magnetic field lines that keep dense concentrations of solar plasma suspended above the Sun’s surface, sometimes taking the form of arching loops. They are often associated with coronal mass ejections, which if directed towards Earth, can wreak havoc with our technology and everyday lives.

この最後の出来事は2022年2月15日に発生し、数百万キロメートルを宇宙に広げました。 コロナ質量放出は地球に向けられていませんでした。 実際、それは私たちから遠ざかっています。 宇宙船に面している太陽円盤の噴火の痕跡はありません-それは現在地球と太陽の線に近づいています-それはそれが私たちとは反対の方向を向いている太陽の側から始まったに違いないことを意味します。

ソーラーオービターが巨大な太陽爆発を捉える

ESA / NASAソーラーオービター宇宙船に搭載されたフルサンイメージャーの極紫外線イメージャー画像は、2022年2月15日に巨大な太陽爆発を捉えました。ソーラープロミネンスは、表面上に浮遊する太陽プラズマの高密度濃度を維持する、連動する磁力線で作られた大きな構造です。 。 太陽の表面はしばしばアーチ型のリングの形をしています。 これは、フルソーラーディスクを使用した単一の画像でこれまでに観測された最大の注目すべき太陽噴火です。 クレジット:Solar Orbiter / EUI Team / ESA and NASA

写真は。の「FullSunImager」(FSI)が撮影したものです。 極端なUVイメージング (EUI)ソーラーオービター。 FSIは、来月の近日点回廊など、太陽に近いパスでも太陽円盤全体を見るように設計されています。 宇宙船が太陽と地球の間の距離の0.3倍以内を通過するのを見る、3月26日の最も近いアプローチでは、太陽は望遠鏡の視野のはるかに大きな部分を満たします。 現時点では、ディスクの周囲にはまだ多くの「幅マージン」があり、太陽の半径の5倍である約350万kmの間、FSIによって驚くべき詳細をキャプチャすることができます。

のような他の宇宙望遠鏡 ESA / NASA SOHO。衛星 あなたはしばしばこのような太陽活動を目にしますが、太陽に近いか、または膜によって遠くにあり、コロナ自体の詳細な画像を可能にするために太陽の円盤のまぶしさをブロックします。 このように、ソーラーオービターによって観測されたプロミネンスは、ソーラーディスクとともに単一の視野で捉えられたこの種の最大のイベントであり、このようなイベントがソーラーディスクにどのように関連するかを初めて学ぶための新しい可能性を開きます。 同時に、 SOHO それは、より遠い距離への補完的なビューを提供することができます。

NASAのパーカーソーラープローブを含む、イベントを監視している他の宇宙ミッションもありました。 来週、ソーラーオービターとパーカーソーラープローブは、パーカーの近日点通過中に共同でカスタム観測を行います。

太陽科学に特化していない宇宙船でさえ、爆発を感じました-欧州宇宙機関/[{” attribute=””>JAXA BepiColombo mission, currently in the vicinity of Mercury’s orbit – detected a massive increase in the readings for electrons, protons, and heavy ions with its radiation monitor.

And while this event did not send a blast of deadly particles towards Earth, it is an important reminder of the unpredictable nature of the Sun and the importance of understanding and monitoring its behavior. Together with ESA’s future dedicated space weather mission Vigil, which will provide unique views of events like these, we can better protect our home planet from the Sun’s violent outbursts.

READ  NASAの宇宙飛行士は、宇宙ステーションの電力をアップグレードするために船外活動を行います