6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

失われた 10 年間は、イギリスを恒久化するという日本の脅しよりも悪い

失われた 10 年間は、イギリスを恒久化するという日本の脅しよりも悪い

(ブルームバーグ) —

ブルームバーグで最も読まれた記事

英国が貧血の成長、ストライキ、インフラストラクチャー、記録的な病院の待機リストに取り組む中、ジェイソン・ジェームズは彼の銀行員としてのキャリアの初期の部分を支配した別の経済危機を振り返ります。それは、日本の悪名高い「失われた 10 年」です。

58 歳のジェームズは、1990 年代に東京の日本橋金融街にある HSBC 証券で働いていました。 株式が 60% 下落し、地価が暴落してゾンビ銀行が発生し、経済が倒産や不良債権に見舞われた時期でした。

しかし彼の結論は、英国は2020年代に悪化しているということです。

「システムは機能しており、列車は走っていました」と彼は言いました。 「ここまで来て、すべてがバラバラになっていると感じたことはなかったと思います。」

経済の衰退に関する彼の主張は、数字によって裏付けられています。 ブルームバーグの公式データとイングランド銀行の予測の分析によると、英国の成長率は、英国人がEU離脱に僅差で投票した2016年から2025年までの間で平均0.8%になるとのことです。これは、1992年から2001年までの日本の平均である1%を下回っています。 ある国が長引く不況に耐えるときはいつでも、「日本化」の警告の中で「失われた 10 年」が引き合いに出されることがよくあります。

しかし、その汚名は、1990 年代の日本とは非常に異なる経済環境を作り出すインフレなどの不利な点に直面している英国の問題の一部にすぎません。

英国のプレビュー: ハントの予算は、選挙までパウダーを乾燥させます

ジェレミー・ハント財務長官が水曜日に発表した予算案では、生産性の低下、公共サービスの崩壊、労働力の不足が背景にあり、最近の予想を上回る成長にもかかわらず、経済の長期的な足かせとなっていることが指摘されています。 どの動物の精霊が消えていますか。 英国が 2008 年の世界的な金融危機の前に享受していた成長ペースを維持していた場合、英国人の平均可処分所得は 8,000 ポンド (9,600 ドル) になります。 昨年の平均給与は 33,000 ポンドでした。

ギアを変えることは、貿易と気候変動に関する米国、EU、中国に対するロンドンのダイナミズムの喪失から、より広く英国を弱体化させるリスクがあります。

簡単に変更することはできません。 日本は資産のメルトダウンと銀行危機から効果的に立ち直ったが、世界的な金融危機とパンデミック、ウクライナでのロシアの戦争、そしてリズ・トラスの短い首相時代に引き起こされた市場の混乱の後、ハントは英国に繰り返し訴える可能性が高い. トリガー パスに戻れません。

それは、日本の停滞と英国の苦難を経験した人々は、今日、まったく対照的なものを見るかもしれないことを意味します.

ジェームズは 1999 年に The Political Economy of Japanese Financial Markets を共著し、現在はロンドンの大和日英基金の事務局長を務めています。 国民保健サービスと英国の公共部門にわたるストライキについて言及し、彼は、日本では「病院や救急車などはまだ稼働しています。その意味で、社会は機能し続けており、機能し続けています。

省略

実際、10 年以上にわたって英国と同様の成長を遂げています。 日本の最後の真に深刻な景気拡大は、日本がまだ銀行危機に陥っていた 1990 年代に始まりました。 1997年に政権を握ったトニー・ブレアの労働党政権の下で、ゴードン・ブラウン財務長官が景気サイクルは「好況と不況」の問題であると約束した後、英国は47四半期連続で経済成長を遂げた. 過去時

代わりに、多幸感が世界的な金融危機に拍車をかけ、ノーザン ロック plc の崩壊と他の銀行の救済により、英国は別の道を歩み始めました。 当初は生産性が低く、政府支出削減の影響もありましたが、ブレグジットとパンデミックによる労働力供給の問題により、英国は足踏み状態になっています。

チップの供給が停止した場合、英国のウォーゲームは Covid よりも大きな犠牲者になる可能性があります

イングランド銀行は、少なくとも現在の予測期間にわたって状況が改善するとは考えていません。 2月には、潜在成長率(活動が高インフレを引き起こす前の経済の速度制限)は、2024年と2025年にわずか0.7%に低下し、2010年代の1.7%、1997年から2007年の2.7%から急激に減速すると述べた.

成長の遅さと根底にある生産性の低さは、膨大な量の生産損失につながります。 金融危機前の 1998 年から 2007 年までの 2.7% の平均成長率と、現在の「失われた 10 年」との差は、失われた GDP で約 8,000 億ポンド、失われた税収で年間 3,000 億ポンドです。

2010 年から 2015 年までの平均成長率 2.1% を使用して比較すると、2,500 億ポンドの生産損失が明らかになります。 この成長傾向が続けば、平均的な英国人の可処分所得は約 2,400 ポンド増えることになります。

「2% の生産性成長率と 0.7% の生産性成長率の差は、個別に見ればそれほど大きくは見えません。 しかし、こうしたことは積み重なっている」と、ファゾム・コンサルティングの上級エコノミスト、ケビン・ローン氏は述べた。 「時間が経つにつれて、政府と市民が直面する選択肢は少なくなります。気候と健康、または教育と戦争。つまり、これは私たちの時代の決定的な経済的課題です。

成長痛

英国を育成するための戦いは、特に与党保守党にとって政治的熱狂となっている。世論調査によると、保守党は国家の衰退期を監督してきた有権者からの幻滅に直面している. 指名を望まないトーリー党議員の一人は、党の欧州への集中とブレグジットの追求が事実上、13年間の在任期間を無駄にしたと語った。

ロンドンの投資魅力は米国と密接に関係している

英国は、パンデミック前よりもまだ規模が小さい唯一の G7 経済国であり、国際通貨基金が最新の予測で最大の格下げの 1 つを発表したときに選ばれました。 EYの最新の年次魅力度調査によると、プロジェクトに基づいて、フランスはヨーロッパへの外国投資のトップの目的地として英国の王冠を獲得しました. フランスは昨年、英国を抜いてヨーロッパ最大の株式市場となり、Arm Ltd. そしてロンドンは、CRH Plc を含む企業と戦っている。

1997 年のアジア金融危機の際に日本を担当し、現在はロンドンのダイワ キャピタル マーケッツで経済調査を率いる元財務省の役人である Chris Scicluna にとって、それは投資の欠如であり、ストライキや物事が機能していないという一般的な感覚でもあります。 イギリスでは – それは際立っています。 電車に乗ると違いがはっきりする、と彼は言った。

日本のインフラは「今も昔も変わらない」と彼は語った。 「あなたは繁栄している経済にいることに気づきますが、それはこの国で再び得られるとは限りません。」

経済協力開発機構のデータによると、東京の当局者は停滞とデフレに大きな刺激を与え、1990 年代の終わりまでに日本を世界で最も負債の多い国にした。

しかし、トラスの首相の地位が崩壊した理由の少なくとも一部は、ビジネスマンが彼の「成長計画」減税の規模を押し戻し、後任のリシ・スナクとハントが財政を安定した基盤に置くことを優先事項にしたためです.

緩やかな衰退

しかし、彼の劇的な終焉にもかかわらず、英国が劇的な変化なしに管理された衰退に直面しているというトルドーの警告は、野党の労働党を含むウェストミンスター全体で勢いを増しています.

「私たちは成長を必要としており、すべての主要政党が計画を進めています」と、イングランド銀行の元チーフエコノミスト、アンディ・ホールデン氏は述べた. . しかし、地域格差を解消し、業界を活性化するという目標をどのように達成するかについて、より詳細が必要であると彼は述べた.

より大きな問題は、多くのエコノミストが、英国が軌道に戻るために何をする必要があるか、つまり、EUとの貿易を妨げるBrexit規則を骨抜きにし、改革とより多くの移民を計画することは政治的に難しいと言っていることです. 2 桁のインフレ率は、イングランド銀行が需要を抑制しようとしているため、金融政策が制限的な状況にとどまっていることを意味します。

しかし、差し迫った問題は、政府が消防モードに固執していることです。 秋の債券市場からの圧力が強まる中、ハント氏は主要な歳出抑制と増税を抑制したが、トーリー党と国はまだこの遺産を揺さぶっていない。

ステロイドの倹約のための英国のブレースは、カットするために少し残っています

首相には財務規則に反してわずか 90 億ポンドのヘッドルームしか残されておらず、水曜日にプレーする余地はほとんどありません。 現在の世帯のエネルギー支援レベルの延長を含む、費用のかかる要求の長いリストは、育児への資金提供などの成長促進政策の余地をほとんど残していません。

ロンドンとイングランド北部を結ぶ高速鉄道の計画を含む壮大な野心は、コストのためにすでに縮小されており、保守党の主要な「安定化」アジェンダを弱体化させている。 政府は看護師から教師までの労働争議を終結させようとしており、700 万人以上が NHS の通常の医療を受けるための順番待ちリストに載っています。

1990年代にロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで日本経済史の教授を務めたジャネット・ハンターは、「経済だけでなく、社会福祉、NHS、教育にも起こったことだ」と述べた。 「この国の多くの側面が崩壊していると感じています。」

–クリス・ミラーの助けを借りて。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2023 ブルームバーグ LP

READ  今夜、日本が帰還ミッションで H3 ロケットを打ち上げる様子をご覧ください