11月 30, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

奄美大島: 日本のユネスコ世界遺産に登録された亜熱帯の島の楽園

奄美、日本 (CNN) — 日本について知っていると思っていたことは忘れてください: クレイジーなネオン街、スピードを出す新幹線、静かなお寺、ロボット レストラン、優しい芸者。

この島国には、人生がゆっくりとしたペースで動き、白い砂浜が色とりどりの魚でいっぱいの海に囲まれ、地元産の食材が独特の料理シーンを作り出しているという別の側面があります。

奄美です。 大島 (「ビッグ アイランド」) を中心とするこの亜熱帯群島は、日本の鹿児島県の一部です。 生きた化石と呼ばれることが多く、そのユニークな生物多様性を獲得しています。 ユネスコ世界遺産のステータス 2021年。

そこへは、東京から鹿児島まで飛行機で移動し、その後プロペラ機で 30 分の冒険の旅に出ます。 これらの努力は、奄美群島のきらめくサンゴ礁の海、ユネスコ世界遺産に登録された熱帯雨林でのハイキング、海岸に点在する小さな島々への訪問、海につま先を浸して過ごす日々によって報われます。

神々の境界を越えて

奄美大島は、奄美群島の 8 つの島の 1 つです。日本本土と台湾の間の 1,200 キロメートルの海に沿って並ぶ数多くの島々の一部です。 ここでの生活は海に支配されています。 その村は、水に面した急な山の斜面を背景に建てられています。

在来の野生生物と同様に、群島の文化はその孤立した場所によって形作られてきました。 本土から遠く離れた奄美の位置は、島のローカルアイデンティティを維持するのに役立ちました. 現在も奄美大島では奄美語の二つの方言が話されています。 その伝説でさえ地元のものです。

海の向こうにはねりやかなやと呼ばれる天国と豊穣の地があると言い伝えられています。 群島を取り囲む対照的なサンゴ礁は、神の領域と人間の領域を区別する境界です。

珊瑚の輪の向こうには、神だけでなく商人もいます。

奄美大島の荒々しい海岸線が美しい。

直井一平/モーメントRF/ゲッティイメージズ

何世紀もの間、奄美群島は地域の交易に不可欠でした。 強力な武士が支配する鹿児島の薩摩藩と沖縄のさらに南にある琉球王国の間で、中国、台湾、日本の間の貿易と旅行の中心地でした。

商人は黒潮に乗って南下し、途中で奄美に立ち寄り、奄美文化の豊かさを高める文化の交差点を形成しました。

島の暮らしは陸・海・月のつながりに深く根ざしています。 今日に至るまで、悪天候のため、地元の人々は本土からの食料や物資を断たれています。 月の周期に合わせて、年間を通して多くのお祭りが予定されています。

新年のお祝いは、豚の犠牲によって特徴付けられます。 夏には、アラホパナが最初の収穫を祝います。 多くの祭りは、サツマイモの収穫から黒糖の製造まで、食べ物に焦点を当てています。 地上の司祭の姿をした神聖な存在であるノロの崇拝と指導は、今でも島々全体で観察され、尊重されています。

この日本人ではなく琉球の遺産は具体的です。 奄美の村を散策すると、いくつかの神社と仏教の息吹が見えてきます。 その代わりに、神木、相撲場、灰が置かれています。これらは、山から下りたり、海を渡ったりする土着の神々を歓迎する儀式の場です。

その瞬間、男がロープを切ろうとする "砂切" 奄美大島の豊作祭の神事。

奄美大島の五穀豊穣の行事「砂切り」で縄を切ろうとする男性。

朝日新聞/ゲッティイメージズ

大島から奄美大島の南東にフェリーで 5 分の距離にある影呂間島には、昔ながらの島の生活が息づいています。 土地のストリップは、食料品店のような現代の便利さからの快適さと隔離を提供します。 これは、これらの島々が高速移動の時代以前にどれほど離れていたに違いないかを感じさせます。

植物が生い茂る熱帯の険しい道、雲に覆われた峰々、海の青く透き通った海に浮かぶビッグ アイランドの景色。地元では「加計呂麻ブルー」と呼ばれるほど独特な色合いです。

海岸沿いの小さな村カニュでは、地元の学校が生徒不足のために閉鎖されました。 フェスティバル以外では、屋外のウッドアッシュは今でも田舎の生活の中心であり、地元の人々が暑さから午後の昼寝をする場所です。 さねぐの静かな村のビーチ沿いにある、居心地の良い女性が経営する小屋のようなかき氷店は、さわやかな果物の軽食を食べながら、何世紀にもわたって人々が海を眺めているのを眺めています。 .

野生動物保護区

奄美大島を代表する標高694mの湯安岳。 その「高い生物多様性の価値」でユネスコに称賛されたこの国定保護峰には、世界のどこにも近縁種がなく、その多くが絶滅の危機に瀕していると考えられている固有種が数多く生息しています。

厳密に言えば、奄美の自然環境の奥深くに足を踏み入れることは容易ではありませんが、島の森林の小さな制限区域が観光客に開放されており、差し迫った観光の影響を緩和しています.

金作原の亜熱帯広葉樹熱帯雨林は、白化林の下の生命を垣間見ることができます。 訪問者には厳しい規則が適用されます。一度に 10 台を超える車両は入場できません。

奄美大島から船で5分の陽炎島。

奄美大島から船で5分の陽炎島。

ns_photo_magnet/アドビストック

認定された「エコ ツアー ガイド」 (英語を話すガイドもいます) だけが、グループをこの原生林に導くことができます。 奄美大島と徳之島だけに生息するオキナワトカゲ、アマミヤマシギ、アマミカケスなど、森の小道に隠れているカモフラージュされた野生生物を観察できる目利きのガイドです。

しかし、この島は自然が豊かなので、珍しい野生生物を見つけるためにジャングルに足を踏み入れる必要はありません。 巧妙な取り組みにより、トンネルで不要になった古い山道が夜間の自然遊歩道に変わりました。 登録された車両のみが特定の時間間隔でルートを走行できるため、台数を抑えることができます。

この暗い曲がりくねった山道では、とらえどころのないアマミクロウサギを見つけるチャンスがあります。 数を増やすキャンペーンが成功した後、地元の動物は島のアイコンになりました。

登山道に車を停め、エアコンの効いた車を降りると、山の空気の湿気がすべてを包み込みました。 珍しいカエル (そのうちの 1 つは「日本で最も美しいカエル」の称号を獲得したこともあります) のお祭りで、フクロウやヘビが夜に飛び跳ねたり、星が夜空に突き刺さったりします。

群島を取り囲む海域には、豊富な生物が生息しています。 熱帯魚が浜辺で泳いでいるのを見ることができます。 ビーチはウミガメの営巣地となります。 その水路は、ザトウクジラと北太平洋のセミクジラの移動ルートです。 2014年に発見された在来種のホシソラフクは、砂浜に美しい円形の模様を作り、仲間を引き寄せます。

サファイアの海とは別に、マングローブ公園は奄美の海の世界の別の側面を探索する機会を提供します。 この保護されたマングローブ林は、国内で 2 番目に大きく、カヤックで探索できます。 訪問者は、古いマングローブの木の枝の下の滑らかでシルト質の水を漕ぎ、カニが木の幹から急いで出てきます。

土地からの食べ物

奄美の豊かな自然、豊かな土壌、交易の歴史は、豊かな食の創造を生み出してきました。 山の中腹にあるオレンジ畑から町の真ん中にある野菜畑まで、島の収穫物を試食する場所に事欠きません。

その最も有名でどこにでもある料理はゲイハン (チキン ライス) です。これは、細切りにした鶏肉、卵、しいたけをスープに浸したご飯です。

道端の小さなレストランでは、地元のひねりを加えた伝統的な日本料理を味わうことができます。 奄美薬膳紬庵もそのひとつ。 記憶に残るそば定食 (1,500 円、約 10 ドル) は、口の中でとろける島産の黒豚軟骨など、新鮮な食材を使った食欲をそそるメニューです。

地元のフルーツジャムを添えた自家製シャーベットのデザートは、2度目の訪問に誘うほど美味しいです。

京阪(チキンライス)は地元の名物です。

京阪(チキンライス)は地元の名物です。

エリックの図書館/Adobe Stock

影呂間島の人里離れた片隅でも、オーガニック ダイニングはほこりっぽい村の路地に隠れています。

古い家の中にひっそりと佇む、紛れもなく、無意識のうちにシックなマルツァは、「おいしい」という地元の言葉にちなんで名付けられました。

おしゃべりなオーナーは、家族のために健康的な生活を求めてここに来た非ネイティブの島民で、小さなキッチンでパンやサラダを一から作っています。 ダイナーはガタガタした椅子に座り、果樹園を眺めながらジャムを求めて果物を栽培しています。

このような地元の施設は、奄美が忘れ去られた僻地ではなく、多くの人が国の他の地域から移住するよう促したアイデンティティを持つコミュニティであることを示しています.

ユネスコに認定されたのは最近かもしれませんが、奄美群島では何世代にもわたって生命と自然が共存してきました。

これは、過剰な人身売買、過剰な観光、過剰に宣伝された必見スポットへの解毒剤です。 絶え間なく続く蝉の鳴き声と、島全体の厳しい暑さの眠りの間で、時間と距離がすり減る亜熱帯の田園地帯がここにあります。

READ  日本のジャーナリストの友人は、ミャンマーでの彼の釈放を要求している