6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

契約ブームは日本のレベルがいかに低いかを示している

契約ブームは日本のレベルがいかに低いかを示している

エディターズ ダイジェストを無料で開く

オーストラリアの最もよく知られた輸出品の一部は琥珀蜂蜜の形で提供され、フォスターズとビクトリア ビターのロゴは同国が生産する最も有名なブランドの 1 つです。

あまり知られていないが、地元のビール産業はアサヒとキリンの日本企業2社が所有しており、近年業界を統合した後、オーストラリアで販売されているトップ10のビールブランドのうち8つを所有している。 大手独立ビール醸造所クーパーズもオーストラリアでサッポロビールを醸造してクラブに加わった。

これは日本の対オーストラリア投資拡大の表れであり、その投資は「卵」ビール瓶を超えて、再生可能エネルギー、金融、ソフトウェア、保険、化粧品、ビタミン剤などの消費者中心の分野にまで広がっている。

日豪パートナーシップの深さが明確に示されている 報告 ハーバート・スミス・フリーヒルズ法律事務所とオーストラリア国立大学。 同紙は、日本の金融は「オーストラリアの繁栄を支える知られざる偉大な物語の一つ」であると述べている。

2023年だけでも、日本のバイヤーによるオーストラリア企業の買収は44件あり、38件のパートナーシップが締結された。 日本の直接投資は2023年までに880億ドル(1,338億豪ドル)に達すると予想されており、現在全体の12%を占めており、日本はオーストラリアにとって第2位の貿易相手国であり輸出先でもある。

ウッドサイドのメグ・オニール最高経営責任者(CEO)は、オーストラリア最大の石油・ガス生産国に対する「初日」からの日本の投資の影響を強調し、アジアの国の銀行、政府、エネルギー会社が地元のエネルギー部門の発展で重要な役割を果たしていると強調した。 日本の投資家は、オーストラリア最大のエネルギープロジェクトであるウッドサイドのスカボロー沖合ガスプロジェクトで将来の液化天然ガスの供給を確保するために、2024年までに23億ドルを費やした。

先月、キャンベラに本拠を置く新興企業MCI Carbonが沿岸都市ニューカッスルで立ち上げられたとき、オーストラリアの投資に対する熱意は明らかだった。 開始されました 二酸化炭素をセメントに変換するマートルのパイロット施設。 同社は日本の伊藤忠商事、みずほ銀行、三井住友信託銀行の支援を受けている。 潜在的な顧客には、新日鉄や三菱宇部興産セメントなどが含まれていた。

2020年にワイン、牛肉、ロブスターなどのオーストラリアからの輸入品に関税や制裁が課されたにもかかわらず、中国は依然としてオーストラリアの最大の貿易相手国である。 しかし、中国主導の企業買収は激減した。 KPMGとシドニー大学ビジネススクールが今月発表した報告書によると、2023年は中国によるオーストラリア企業買収が合計で最低の年で、2006年以来完了した取引はわずか11件だった。 中国の成長マネーが東南アジア全域の他の市場に集中したため、2023年の買収額は豪ドルベースで14億ドルから8億5000万ドルへと36%減少した。 対照的に、中国によるオーストラリア企業の買収は2017年から2023年の間に271件、総額235億ドル相当であり、買い手の中心となっていた。

日本のバイヤーは現在、中国企業が残した穴を他に探しているのだろうか? 豪日研究センター所長のシロ・アームストロング氏は、日本の取引の急増とオーストラリアにおける中国による企業買収の激減との間に直接的な関連性があるとは考えておらず、代わりに政治が役割を果たしていると述べた。

アームストロング氏は、オーストラリアの国益規定が重要鉱物などの分野で強化されており、中国の買い手がブロックされていると述べた。 同氏は、牛乳・ジュース会社がすでに日本企業の所有物であったにもかかわらず、国益を理由に中国による牛乳・ジュース会社の買収を阻止するというオーストラリア政府の2020年の決定を指摘した。 アームストロング氏はこれを、戦略的理由で買収されると思われる企業の外国による買収を巡る「誇張された懸念」の一例として挙げた。

アームストロング氏にとって、日本のバイヤーや投資家は、1970年代と1980年代のオーストラリアへの投資の第一波で同様の態度に遭遇した。 ウッドサイドの取引と、日本の半導体メーカー、ルネサスが2月にタスマニアのソフトウェアツール会社を58億ドルで買収したことには、論争がなかったわけではない。 アームストロング氏は、かつて日本企業は懐疑的な目で扱われ、投資は閑散としていたと語る。 「企業は自社のストーリーを伝えたいと考えており、オーストラリアはそれを支持している」と同氏は語った。

nic.fildes@ft.com

READ  月曜日には香港と日本株が下落した