4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

奥住慈英選手が鈴鹿で開催されるFRegional Japanシーズンを勝利で幕開け

奥住慈英選手が鈴鹿で開催されるFRegional Japanシーズンを勝利で幕開け

写真:FRJC

2024年のF1地域日本選手権は鈴鹿で劇的なスタートを切った。

週末の予選1回目は広田希月が1分58秒902でトップとなり、奥住慈恵を0.061秒リードした。 マイケル・サッターが0.27秒差の3位で、ポールポジションから1秒以内に誰もいなかった。

サッターはQ2で1分57秒747までペースを落とし、レース2のポールポジションを獲得した。 3人のドライバーがポールタイムの110%以内に周回できなかったため、広田が2位、奥住が1.163秒遅れの3位となった。

Q1ではグリッドから2番目に良いラップタイムでレース3をスタートし、オクスミは1分59秒217の努力でセイターに0.12秒差をつけました。 セバスチャン・マンソンは1.639秒遅れの3位で予選を通過した。

滑りやすい路面のためセーフティカー先導でレースがスタートし、「秋田」は周回順位を落とした。 マンソンはクラッシュし、ザウターも2周目にクラッシュした。

4周目に広田がファーストダウンから7番手までスピンし、他のドライバーがリタイアしたため、奥隅が先頭に立って5周目のレースがスタートした。 トップ3は後続を引き離し、王中偉が4位となったが、ヘアピンで退場命令が後退し、ファンチョ・ブロビオがクラッシュしたためセーフティカーが戻った。

7周目に「ゆうこ」選手がミスをして9位を失い、8周目に再スタート。 広田選手がジェシー・レイシー選手を抜いて3位、「秋田選手」が猪堤アンナ選手を抜いて6位となった。 奥隅選手が前との差を縮める一方、広田選手は中村義昭選手に2位を迫って最終ラップで抜き去った。 しかし、レース後の30ポイントペナルティにより5位に後退し、中邑とレーシーが表彰台を獲得した。 秋田も同様のペナルティを受け、5位から8位に後退した。

ドライバーたちはレース2で正しいグリッドポイントを獲得できなかったため、2回目のフォーメーションラップが必要となった。 中村は消灯時に停止した2人のドライバーのうちの1人で、3井ノ津のバリアに後方から衝突した。

セーフティカーが登場し、レースは3周目に再開された。 ザウターが先頭に立ち、ワンがマシンを牽引した。 レースの残りでは、サッターと追いかけるオクスミとの間には大きな差があり、残り1周で広田をパスして2位となった。 10周目に広田が逆転するも、残り1周で奥隅が順位を奪還。

レース3では2回のフォーメーションラップが行われ、ザウターはスタートが遅れ、マンソンに次ぐ2位となった。 1周目の終わりに「アキタ」がシケイン進入でロックアップし、スピンでレイシーを破ったとき、ドラマがあった。 結局二人はまた前に進みました。

130Rではサッター選手の果敢な動きで2周目に2位となり、奥隅選手に3.4秒の差をつけました。 3周目に広田が中村から4位に浮上したが、その後レイシーが大転倒。

7周目までリーダーを奪えなかったが、9周目のリスタートでサッターがオクズミをアタックして2位となった。 プロピオがヘアピンから抜け出し、中邑が広田をかわす。 2人は10周目に再び順位を交換し、サッターはドアを開けた後のシケインでオクスミを抜きトップに立った。

サッターは最後の2周で2.387秒を落とし、中村は4位でフィニッシュし、広田は最終ラップでリタイアした。 しかし、中村はレース後30秒台でペナルティを受け、王に4位を譲った。

結果まとめ
レース1(11周)
1 奥住慈英 すてきなレーシングチーム 31m01.670s
2 中村義昭 TOM'S +2.102s
3 ジェシー・レイシー バイオニック・ジャック・レーシング +19.710s
4 “モトキ” Rn-sports +29.665s
5 広田 希月 バイオニック・ジャック・レーシング +31.483s
6 猪爪アンナ ヘルムモータースポーツ +36.212s
7 辻子頼勝 ポノスレーシング +46.513s
8 “秋田” 安倍レーシング +52.738s
9 王中衛スカイモータースポーツ +1分01.758秒
10「ゆうこ」N速+1周
ポール:広田、1分58秒902
ファステストラップ:奥隅、2分00秒322

レース2(12周)
1 マイケル・チャター・バース・レーシング・プロジェクト 25m46.316s
2 奥住 +11.066s
3 広田 +17.787s
4「秋田」+24.688秒
5 セバスチャン・マンソン・バース・レーシング・プログラム +26.072秒
6 中村 +34.766s
7 レーシー +55.725s
8「元木」+1分23秒666
9 辻子 +1m40.678s
10 フアンチョ ブロビオ イーグル スポーツ +1 ラップ
B: サター、1分57秒747
フロリダ:ザウター、1分58秒708

レース3(12周)
1 チャター 27 分 17.595 秒
2 奥住 +2.387s
3 マンソン +11.241秒
4 王 +14.893s
5「モトキ」+15.706s
6 猪爪 +24.040s
7 辻子 +26.428s
8 中村 +44.460s
9「ゆうこ」+1分04秒823
10 ブロビオ +1分19.543秒
P:奥住選手、1分59秒217
フロリダ:ザウター、1分58秒856

チャンピオンシップステージ
1 奥住61 2 おしゃべり50 3 中村 30 4 元木26 5 広田25 6 マンソン 25 7 レイシー 21 8 秋田16 9 猪爪16 10 王14

READ  解説者 - 日本のイールドカーブコントロールはどのように機能するのか?