4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

女性と外国人は日本のラーメン店のラーメンルネッサンスの沸騰を助けることができるだろうか?

女性と外国人は日本のラーメン店のラーメンルネッサンスの沸騰を助けることができるだろうか?

東京 – 日本のどこにでもあるラーメン店は、飾り気のないカウンターでプロレタリア料理を長い間提供しており、客は熱々の麺をすすりながら食べていく。

しかし、ラーメン屋は長い間男性の特権でしたが、セメント床の脂っこいスプーンは長い間おしゃれな装飾品、手作りの食器、そして箸に掛かっているフュージョンフレーバーを飾ってきました。 そして女の子たちが並びます。

「ラマン女性」の台頭。

日本語英語版 最近日経新聞が指摘したように 女性ラーメンという“新しい文化”が食の世界を席巻している。

記事の中で文化評論家のガウリ・ショージ氏は、横浜で初めて「ラーメン女子フェスティバル」が開催された2015年までその傾向をたどっている。 このフェスティバルの創設者である森本聡子氏は、パスタをモチーフにしたダイヤモンドがちりばめられたジュエリーも販売しています。

女性や観光客に人気のベジタリアン ラーメン チェーン店「ディーズ レストラン」では、新鮮なほうれん草、スイカ大根、大豆ミートなど、さまざまな具材をトッピングした麺を提供しています。

CBSニュース/ルーシー・クラフト


ラーメンの女性化は、より広範な社会経済の流れ、特に2022年までに過去最高の3,000万人に達すると予想されている日本の働く女性の猛烈な購買力の証しである。

女子向けのラーメン店を探している人は、今やインスタグラムなど、森本の誇り高きラーメン界の仲間たちのソーシャル メディア フィードを見るだけで十分です。 東京ラーメンガールズ またはギタリストでバーのオーナー 逢沢りおな昨年だけで461杯を消費したという。

「味噌の味が伝わる前に旨味を感じます!」 最近の投稿では、Facebook ページ「おいしい北海道」の匿名の女性ホストがラーメンの至福に浸っています。

彼女は、野菜ペーストのスープの甘さ、細かく刻んだネギのシャキシャキとした食感、そして香り豊かなスープとは異なる風味で「麺の持ち方」を表現しています。 。

ラーメンを評価するとき、女性評論家は豚の角煮が柔らかいかどうかから、ブランドの血統や麺のコシに至るまで、あらゆる点に焦点を当てます。 オンラインのレビューが参考になるとすれば、女性客は軽いスープを好みます。 標準的な材料であるラードは、使用する場合には加えるべきではなく、スープの表面に細かく砕いて静かに浮かべるべきであると多くの人が言います。

ラーメンと恋

マッチングサイト「コイカク」は、「ラーメンデート」の危険性と利点を求める人々にアドバイスし、ラーメン店には恥、衣服の汚れ、強い吐息などの潜在的な地雷原があると指摘した。

東京中心部のラーメン店「花壇」や製麺所などの伝統的な待合室は急速に姿を消しつつある。

CBSニュース/ルーシー・クラフト


しかし、適切な戦略を立てれば、ラマンでも愛への道を切り開くことができると同サイトは示唆している。

「最近は、女子向けのメニューを揃えたおしゃれなラーメン店が増えています」と恋鶴さんは言う。

このウェブサイトは、日本のソウルフードをデートで食べることのあまり知られていない利点を強調しており、「ファストフードと同様、ラーメン店は予約が必要なことはほとんどなく、食べ物はすぐになくなってしまいます。」としている。

一人当たりわずか 1,000 円 (7 ドル未満) というこのラーメンは、悪意を持たずに分割できるほど安いものであり、言うまでもなく、食堂での嘲笑の際の危険を軽減します。

しかし、コイカクは初デートではラーメンはやめるようアドバイスしており、食事客には白いジーンズを履かないように警告されている。

国際的な麺類の魅力

近年、世界的な認知度により、昔ながらのシンプルな麺に俗っぽい魅力が加わりました。 東京・塚茂の忠太は、2015年に「黒トリュフ香る」醤油そばが評価され、ラーメン店として世界初のミシュランの星を獲得した。

蔦はもはや名誉あるリストには載っていないが、他にも20近くの東京ラーメン店が最新のミシュランガイドに掲載されている。

2013 年まで日本は世界的な観光地でもありましたが、2024 年には世界のトップの目的地として人気が高まっています。 3,300万人の視聴者が見込まれる

すべての新しいシェフと顧客がイノベーションを推進します。


The Dish: シェフのエヴァン・オーキンが日本料理のレシピを紹介

外国人の味覚に応えることでラーメンは新たな方向に進み、伝統的な豚骨ベースの麺スープに代わるハラールおよびベジタリアンの代替品の開発が促進されています。

他の料理分野のシェフもラーメン界に進出している。 訓練を受けたフランス人シェフが東京で人気の海老丸ラーメンをオープンしました。看板メニューは、サワークリームを添えたバゲットスライスをトッピングしたロブスタービスクラーメンです。

首都の歓楽街である新宿にある「ラーメン エディ」は、ポップアートの装飾でも有名で、柚子やリコッタチーズなどの珍しい食材で味付けした丼など、日本で人気のスープを再現した店としてもよく知られています。 コーヒーカップに入った「カプチーノラーメン」(麺にトリュフ、生クリーム、ポルチーニを組み合わせたもの)を販売。

東京の新宿区にあるラーメン店「Rahmen Eddy」は、おしゃれな雰囲気が漂います。

CBSニュース/ルーシー・クラフト


高野中梅のまぜそばは、汁なしのラーメンで、パスタのプリマベーラに似た麺の上に色とりどりの野菜が盛り付けられています。

ラマンは存続の危機に直面しているのか?

過去の男性的な雰囲気とは一線を画し、ラーメンの世界ではピンク色の麺とバレンタインのハートの形をした麩が登場しました。

一部のラーメン店が存続の危機に直面している中、高級店への進出、そして男女問わずアピールすることが命綱となる可能性がある。

CBSニュース・パートナー・ネットワークの2013年の報告書によると、700円のラーメンで売り手は約410円の利益を得たが、原材料費、光熱費、人件費が約200円に上昇したため、この数字は約200円に縮小したという。

東京商業リサーチによると、2023年はラーメン店にとって2009年以来最悪の年で、全国で74店が閉店した。

2021年7月14日、東京のラーメン店で食事をする人々。

青山隆/Getty


ビジネス誌のダイヤモンド・オンラインは、ラーメン店は参入障壁が低く競争が激しいため、一般に失敗率が高く、3分の2が開店から3年以内に閉店すると予想されていると指摘している。

ビジネスを誘致するためにより高価な食材を使用するオーナーは利益をさらに圧迫することになるが、女性と外国人観光客は「ラーメン」の定義を拡張することに協力することで、愛される国民食を存続させることに貢献している。

READ  日本最大の港がランサムウェアサイバー攻撃に見舞われる