2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

宇宙航空研究開発機構は悪天候のため主力ロケットの2回目の試験飛行を延期した。

宇宙航空研究開発機構は悪天候のため主力ロケットの2回目の試験飛行を延期した。

東京(AP通信)-日本の宇宙庁は火曜日、発射場の悪天候が予想されたため、新しい主力ロケットH3シリーズの2回目の試験飛行を今週後半に打ち上げる計画だと発表した。 日本の宇宙関係者が約束を果たすのに苦労しているため、この遅れが生じた 打ち上げの成功は、ロケットの最初の飛行失敗から1年後に行われた

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のH3プロジェクトマネージャー、岡田雅史氏によると、種子島宇宙センターの発射台では雷と強風が予想されている。 当初は木曜日に開始する予定だった。

同社は水曜日から新たな発売日を決定すると同氏は述べた。

昨年3月に日本の初飛行が失敗し、ロケットが搭載していた陸域観測技術衛星(ALOS-3)を破壊する必要があったことを受け、今回の打ち上げは重要な試験とみなされている。

この失敗は日本の宇宙探査計画に対する幻滅と不確実性を煽り、日本が設計した宇宙船の後は懸念が高まった。 月面着陸の試み中に墜落した 4月中。

JAXAとその元請け企業である三菱重工業は、H3ロケットの第2段エンジンの点火失敗につながる潜在的な電気的問題を特定して軽減し、来る2回目の試験飛行に向けて慎重にリハーサルを行った。

岡田氏は「激動の1年だったが、できる限りの対策を講じてきた」と語った。

オカダ氏は、ミッションの主な目標はロケットを予定の軌道に乗せることだと述べた。

JAXAはロケットのペイロードを計画軌道に投入することも目指しているが、今回、H3には本物の代わりにVEP-4と呼ばれるALOS衛星の重さ2.6トンのモックアップが搭載される。

また、キヤノン電子が開発した高速処理で静止画や動画を撮影できる監視用超小型衛星と、セレンと他の企業や大学が共同開発した監視用超小型衛星を2基搭載する。

H3ロケットの打ち上げはエンジン開発の遅れによりすでに2年以上延期されている。 日本の20年以上ぶりの新型ロケットは、日本のトレードマークであるH-2Aのより安価で世界競争力の高い後継機として、JAXAと三菱重工業によって2,200億円(約15億ドル)をかけて開発された。 今後の 50 回目のリリース後に廃止される予定です。

H3は、H-2Aよりも半分の打ち上げ時間でより大きなペイロードを搭載し、新開発の水素燃料主エンジンを搭載しています。

そして期待が高まります JAXAによる先月の歴史的に正確な月面着陸 宇宙船のH-2Aロケットから打ち上げられ、米国や中国との日本の競争力を高めることが期待されている。 1月初め、48号機のH-2Aロケットが偵察衛星を計画軌道に乗せることに成功した。

三菱のH3プロジェクトマネージャーである根津真由紀氏は、衛星群を打ち上げることができるロケットの需要が増加していると述べた。

同氏は「われわれは2号機のH3ロケットを成功させ、潜在的な顧客にわれわれの可能性を実証したいと考えている」と述べ、H3はスペースXなど世界的な大手企業と競合する可能性があると付け加えた。

READ  日本はサモア挑戦に向けて2つの重要な変更を加える