9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

安川電機は、日本の株は回復を期待して急上昇すると予測している

東京、7月12日(ロイター)-安川電機が年間利益予測を引き上げた後、産業時計が上昇した一方で、回転株が世界的な景気回復への新たな楽観論に反発したため、日本株は月曜日に2%上昇した。

グリニッジ標準時0159で、日経平均株価は2.05%上昇して28,513.09になり、幅広いトピックは2.04%上昇して1,951.39になりました。 両方の指数は前の3つのセッションで下落し、金曜日のほぼ8週間で最低でした。

金曜日のウォール街では、日本の株が高値で取引された。 先週末、米国の3つの主要株価指数がピークに達しました。これは、財政的および経済的に焦点を当てた他のセクターに牽引されたものです。

ディーバ証券のシニアストラテジスト、林健太郎氏は金曜日、米国市場は経済的に重要なバリュー株によって上昇し、世界経済に関連する多くの付加価値株を持つ日本市場を支持したと語った。

「安川電機の力強い収益と見通しの過剰修正は、市場に前向きな驚きをもたらした」と彼は述べた。

日本メーカーの収益の先行指標であるロボットメーカーの安川電機の株価は、同社が年間営業利益率を29%に引き上げた後、7.57%上昇した。 ピエールフェニックスは6.31%上昇しました。

日本の機械受注が5月に3か月間急増した後、産業機械、家電製品、鉄鋼メーカーは再び進歩しました。

ファナックがトップ30のトップトピックのリストを上回り、リクルートホールディングスがそれに続きました。

東海旅客鉄道は、上位30のトピック名で0.95%の低下で最悪のパフォーマンスを示し、任天堂が0.57%の低下で続いた。

東京証券取引所の33セクターのサブインデックスでは、航空会社を除くすべてが高値で取引されました。 ($ 1 = 110.1400円)(藤田淳子による報告、Supranshu Sahuによる編集)

READ  オリンピック-卓球-中国女子チームが金メダルを獲得し、記録を伸ばしました