8月 12, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

実質50年で最も弱い円-JPモルガン



ファイル写真:2017年6月1日に撮影されたこのイラスト写真に日本円紙幣が見られます。ロイター/トーマスホワイト/イラスト

ケビン・バックランド

東京(ロイター)-円の実質実効金利は50年ぶりの最低水準に落ち込み、通貨はさらに下落し、日本の消費者の消費力を削減し、資本逃避のリスクを高めるとJPモルガンのアナリストは語った。

円は昨年のG10通貨の中で最も弱く、その不振は2022年まで続いており、ドルに対する名目為替レートは今週5年ぶりの安値である116.3550まで下落しました。 また、ユーロと英ポンドに対して2か月ぶりの安値に近づいています。

消費者物価上昇率を基準とした円の実質実効金利は、火曜日に66.3の安値に下落したが、2010年の基準は100であり、JPモルガンの計算によれば、1972年6月以来の最低値となる可能性が高い。日本の貿易相手国の価格と比較した国内価格。

アナリストの佐々木徹氏、ベンジャミン・シャティル氏、中村宗介氏は、米国の長期金利と円の間には強い逆相関があると指摘した。 米国の10年物国債利回りは木曜日に1.7192%の9か月の最高であり、JPモルガンは10年物利回りが6月末までに2%に達する可能性があると予測しています。 現在の相関関係が成り立つとすれば、円は119ドルを超えて下落する可能性があるという。

ソースメーカーから文房具メーカーまで、ここ数カ月の値上げを発表した企業は、「日本のインフレ率が予想外に大幅に上昇するリスクを排除することはできない」と述べた。

日本の給与が他の先進国に比べて高くなくなったことを考えると、輸入品が手ごろな価格になるのではないかという懸念から、日本の世帯はオンラインサービスによりこれまでになく簡単に海外への投資を促す可能性があり、それはさらに円安につながると彼らは述べた。

(Kevin Bucklandによる報告、Edwina Gibbsによる編集)

(c)Copyright Thomson Reuters2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
アジア
オーストラリア
シンガポール

READ  日本は米国のサイトを提供する3つの地域でCOVID-19禁止を発表することになっています