6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

富士山はもう不要:日本の都市が自撮り目的の観光客の大群を追い払うために巨大な黒いスクリーンを設置

富士山はもう不要:日本の都市が自撮り目的の観光客の大群を追い払うために巨大な黒いスクリーンを設置

画面にカメラサイズの穴が開いたため、当局が修復に取り組んでいる。

広告

日本のある都市は観光客にうんざりしており、今後の観光スポットである有名な富士山の視界を遮るために巨大な柵を建てた。

長さ 20 メートル、高さ 2.5 メートルのフェンスは黒いメッシュネットで覆われており、訪問者がここに集まるセルフィーの最もソーシャルメディア向きの背景ではありません。

しかし、観光客が象徴的なシーンを撮影するために使用するスクリーンに小さな穴が現れました。 フェンスの建設から1週間以内に、当局は約10個の穴を発見したが、それらはすべて目の高さにあり、すべてカメラのレンズが入るのにちょうどいい大きさだった。 現在修復中です。

富士河口湖は、日本屈指の富士山の眺めを楽しめる場所として知られています。 でも地元民には十分 観光客 適切な視界を確保するために歩道を塞ぎ、交通を停止します。

特に人気のフォトスポットはコンビニエンスストア「ローソン」の外にあり、角度によって写真を撮ると店舗の屋根の上に富士山が乗っているように見えます。 の 観光客ほとんどが外国人で、この場所を「山」とさえ呼んでいました。 富士ローソン。」

「河口湖は観光で成り立っている街です。私も多くの観光客を歓迎しますし、市も歓迎しますが、彼らの習慣には不安な点もたくさんあります」とカフェのオーナー、元持美智さんは言う。 日本語 フォトスポット近くのスイーツ。

元持氏は、ゴミのポイ捨て、交通量の多い道路の横断、信号無視、私有地への侵入などを挙げた。

市は130万円(7,700ユーロ)を費やして黒いメッシュネットと追加のフェンスを歩道に設置した。

当局者らによると、スクリーンのおかげで地域の混雑が緩和されたという。

観光客が富士山の写真を撮れる場所は他にあるでしょうか?

しかし、観光客が素敵な写真撮影スポットを見つけられる場所は他にもあります。

山梨県には、標高 3,776 メートルまで登る 4 つのルートのうち最も有名な吉田ルートがあります。 – 今年、富士山は混雑、瓦礫、安全上のリスクを軽減するために、登山シーズンに先立って予約システムを導入しました。

新しい計画では、1日あたり4,000人の登山者のみが登山料2,000円(約18ユーロ)と保全のための寄付1,000円(約9ユーロ)で登山道に入ることが許可される。 登山シーズンは7月1日に始まり、9月10日まで続きます。

A氏を任命 ユネスコ 2013年、世界文化遺産である富士山が巡礼地になりました。

現在では、日の出を見るために頂上に登るハイカーたちに人気です。 しかし、ペットボトル、食品、衣類などを含む大量のゴミが大きな懸念事項となっている。

他にどこでオーバーツーリズムを取り締まろうとしているのでしょうか?

河口湖は観光客から故郷を取り戻す最初の場所ではないが、彼らの反発は私たちがこれまで見た中で最も大胆な抵抗の一つだ。

日本には京都の花街があります 一部の通りが通行止めになっていた 「不正行為」後の観光客向け。

メノルカ島で最も有名な観光名所は白塗りの家々が並ぶ小さな町です 到着時間の紹介 来場者数を減らす取り組みとして。

イタリアで最も有名な場所の 1 つはベネチア、オナです。 多くの場合、住民の数を上回る訪問者を管理するのに何年にもわたる苦闘。 最近導入した 日帰り旅行者の料金 同様に 拡声器の禁止

READ  外国人は2月18日までの週の間に日本株の純売りを変更します