2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

専門家らは住宅ローン金利が下がれば入札合戦が起こるだろうと言う

専門家らは住宅ローン金利が下がれば入札合戦が起こるだろうと言う

住宅ローン金利は8%から低下しており、これは買い手にとって明るい兆しであるようだ。 しかし、さらなる減少は、蓄積された需要を解放する可能性があります。

Redfinのチーフエコノミスト、ダリル・フェアウェザー氏はYahoo Finance Liveで「金利が7%を下回れば、驚くほど好調な年になると思う」と語った(上のビデオ)。 「そのとき、より多くの人が入札合戦に参加することになると思います。」

フレディマックによると、30年固定金利住宅ローンの平均金利は今週7.22%まで低下しており、金利は年末までにさらに低下する可能性があるようだ。 全体として、金利は過去 5 週間で 0.5 ポイント以上低下しました。

続きを読む: 住宅ローン金利は20年ぶりの高水準:2023年は住宅購入に適した時期か?

これにより、一部の購入者が戻ってきました。 住宅ローン銀行協会(MBA)によると、11月24日までの週の住宅ローン購入申請件数は前週比5%増加した。

一方、金利が8%を下回ったため、住宅ローンの月平均支払額は過去1カ月で100ドル以上減少した。

これは、先週の平均金利 7.29% で住宅を購入した購入者は、平均月額 2,575 ドルの住宅ローンの支払いに直面することになることを意味します。 Redfinによると、これは前月に記録した過去最高値の2,739ドルを164ドル下回っているが、1年前よりは13%高い。

フェアウェザー氏は「価格が8%近くまで上昇したことで、市場への復帰を望む買い手の基準がリセットされた」と述べた。

続きを読む: 2023 年に家を買うには

しかし、購買活動は依然として1年前に比べて20%減少しているとMBAは発見した。

MBAの副首席エコノミスト、ジョエル・カーン氏はプレスリリースで「市場における中古住宅の供給不足が続いているため、購入市場は依然低迷している」と述べた。

しかし、まだ探している人たちには希望の光があるかもしれません。

新規上場件数は11月26日までの4週間で2021年以来最大の前年比増加を記録した。 レッドフィン 見つかった。

Redfinのデータによると、市場への新規上場の恩恵も受けることになり、Redfinのデータによると、この2年以上で最大の伸びとなっている。 全体の新規上場件数のシェアは64,576件でした。 それに比べて、この時期の新規上場件数は減少しているとRedfinのアナリストは指摘した。

「新しい仕事が決まったり、結婚したり、子供が生まれたりするなどの理由で引っ越しを希望する人は増えるだろう。人々の生活は続き、それが需要を生む」とフェアウェザー氏は語った。 「株式市場が好調であれば、人々は安心してお金を使えるかもしれないが、その高金利が現在、住宅市場にとって最大の障害となっている。」

続きを読む: 2024年に金利3%で住宅ローンを組む方法

9月3日、メリーランド州クラークスバーグの近所で住宅購入希望者が売り物件から出ていく。 (写真提供: Roberto Schmidt/AFP、Getty Images) (ロベルト・シュミット、ゲッティイメージズ経由)

「在庫が限られていると入札合戦が起こるでしょう。」

一部の住宅所有者は市場に売りに出したが、大半は依然として上場をためらっている。

ファニーメイの最新レポートによると、住宅所有者の約37%が住宅を売るには時期が悪いと考えている 住宅モラル 索引。 全体として、回答者の78%が10月の経済は間違った軌道に乗っていると考えていると回答しており、前月から7ポイント増加した。

問題は、来年の金利は買い手に戻ってくるよう説得するには十分に低下するかもしれないが、十分な数の住宅所有者に売却を説得するには十分ではないことだ。

フェアウェザー氏は「価格が下がれば、限られた在庫を抱えて市場に戻る買い手が増えるだろう。その結果、価格が上昇する入札合戦が起こるだろう」と述べた。 「今が売却に最適な時期であると判断する売り手が増えているため、現時点では新規出品がいくらか緩和されており、それはおそらく来年まで続くだろう。したがって、うまくいけば、少しでもバランスの取れた状況が得られるだろう」金利が下がらなければ。」

Redfinによると、市場にある住宅の在庫は11月26日時点で4.2か月分の供給量に達した。 Redfinによると、少なくとも4〜5か月はバランスのとれた市場とみなされます。

「しかし、このバランスが続くとは思えません。住宅市場の一般的な話は、住宅を購入したい人の数よりも利用可能な住宅の数が少ないということです…真実は、 [rates] 「少し落ち込んでいることで楽観的になりましたが、少なくとも歴史的に振り返ってみると、今年はまた遅い年になると思います。」

ガブリエラ 彼は Yahoo Finance の個人金融および住宅特派員です。 Twitterで彼女をフォローしてください @__ガブリエラクルス

投資決定に役立つ不動産および住宅市場のニュース、レポート、分析についてはここをクリックしてください

READ  バイデンが巨大な承認評価を獲得するにつれて、ホワイトハウスはインフレに基づいて行動するように動きます