10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

小惑星の塵に含まれる水は、地球上の生命の起源の手がかりを提供する可能性があります。 スペース

約 1 億 8,600 万マイル (300 メートル) 離れた小惑星から日本の宇宙探査機によって回収された塵のパッチは、驚くべき要素である水滴を明らかにしました。

この発見は、地球上の生命が宇宙から生まれた可能性があるという理論を新たに支持するものです。

結果は、分析から公開される最新の研究にあります はやぶさ 2 探査機によって収集された 5.4 グラムの石とほこり 小惑星リュウグウから。

「この一滴の水には大きな意味があります。

多くの研究者は、水が運ばれたと信じています [from outer space]、しかし、地球に近い小惑星リュウグウで初めて水を検出しました。」

2014 年にリュウグウへのミッションで打ち上げられたはやぶさ 2 は、サンプルを含むカプセルを投下するために 2 年前に地球の軌道に戻りました。

貴重なペイロードは、地球上の生命の構成要素の一部であるアミノ酸が宇宙で形成された可能性があることを示す有機物など、すでに多くの洞察をもたらしました。

中村氏によると、チームの最新の発見は、リュウグウのサンプルの液滴であり、「塩と有機物を含む炭酸水でした」.

彼は、リュウグウのような小惑星、またはそのより大きな小惑星が地球との衝突で「塩と有機物を含む水を提供する」ことができるという理論を支持すると述べた.

「例えば、海の起源や地球上の有機物などに直接関係している可能性があるという証拠を発見しました。」

米国、英国、フランス、イタリア、中国からの 30 人を含む約 150 人の研究者で構成される中村のチームは、リュウグウからのサンプルを分析する最大のチームの 1 つです。

新しい発見の可能性を最大化するために、サンプルはさまざまな科学チームに分けられました。

アストロバイオロジーの専門家で、研究グループに属していない横浜国立大学名誉教授の小林賢成氏は、この発見を称賛した。

「サンプル自体から水が検出されたという事実は驚くべきことです」と彼は言いました。

「これは、小惑星が氷だけでなく液体の形で水を含んでいたことを示しており、おそらくその水の中で形成された有機物です。」

READ  発売されたばかりの超高感度暗黒物質検出器