7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

島田真央が荒川と安藤を制して第3回日本ジュニア王冠を獲得

島田真央が荒川と安藤を制して第3回日本ジュニア王冠を獲得

スポーツルックで全文を読む – 島田真生が荒川と安藤を抑えて日本ジュニア3連覇を達成

世界ジュニアチャンピオンの島田真生選手が、11月19日日曜日の夜、滋賀県大津市の木下完二アイスアリーナで力強いフリースケートを披露し、日本ジュニア選手権で3度目の優勝を果たした。

15歳の彼は、金曜日のショートプログラムで残念な結果に終わった後、勝利を収めた。

島田はオリンピックチャンピオンと並んで記録簿にその名を刻んだ 荒川静香 この大会で3年連続優勝した女性は、2度世界ランキング1位になった安藤美姫(1994~1996年)と2度の世界ランキング1位の安藤美姫(2001~2003年)だけだ。

東京を拠点とする彼女の優勝合計スコアは201.33点で、2位の久下イグラ選手の190.12点に12点の差を付けた。

13歳の宇園玲奈が186・51点で3位、高木陽が183・96点で4位となった。

島田真緒
試合後にメダルを見せる女子優勝の島田真緒さん(中央)、準優勝の櫛田衣倉さん(左)、3位の宇園玲奈さん。 (京都)

島田真央、フリースケートで8本の3回転ジャンプをクリーンに着氷

今シーズンのジュニアグランプリサーキットのトップスコアラーである島田は、「ベネディクタス」で滑り、雄大なトリプルアクセルで開幕し、4回転トーループに転倒した。

彼は回復し、素晴らしいラインとエッジを見せた魅惑的なパフォーマンスで、すべてのスピンでレベル4を着氷しながら、驚くべき8つの3回転ジャンプをクリーンに着氷した。

島田真緒
島田真生(京都)

島田選手はスケート界のレジェンド2人と一緒に行動することについて、「2人とも仲良くなれたかな」と語ったという。

広告

一緒に写真を撮るクアッドリーダー

そして、「昨日のことは忘れようとしました。 [and] 周りの人たちが私を信じてくれるように励ましてくれました。」

Sportslook で全文を読み続けてください。

関連している:

著者: ジャック・ギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界有数のフィギュアスケート専門家である。 Jack の記事とポッドキャストを探す 彼の著者ページにはそしてX(以前のTwitter)で彼を見つけてください @スポーツジャパン

READ  日本の福島の水放出計画はIAEAの支援を無視し、懸念を引き起こす