5月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

島田真央は日本ジュニア選手権で3連覇を目指す

島田真央は日本ジュニア選手権で3連覇を目指す

世界ジュニアチャンピオンの島田真央選手が日本ジュニア選手権で3度目の優勝に挑みます。 シングルス戦は11月18日(土)、滋賀県大津市の木下完二アイスアリーナで始まる。

15歳のスターは、次のようなチームに加わることを目指している 荒川静香 (1994 ~ 1996 年) と安藤美姫 (2001 ~ 2003 年) は、このイベントで 3 回優勝しました。

女子部門では世界ジュニア銅メダリストの中井亜美、ジュニアグランプリ最終予選の宇園麗奈、JGP決勝補欠の島田が優勝候補だ。 高木洋

彼は今シーズン、JGBサーキットで好成績を収めており、9月中旬には大阪、10月上旬にはアルメニアのエレバンでそれぞれ優勝している。 島田は表彰台の頂点に戻るために、トリプルアクセルと4回転トーループ(今シーズン着氷に苦労している)に期待している。

2022年11月の資料写真の中井亜美さん。 (京都)

15歳の中井は、2023-24シーズンのJGP出場権(バンコク、イスタンブール)の両方で優勝した。 新潟県出身の彼は、2022年の日本ジュニア選手権で茨城県で島田とモネ千葉に次いで3位となった。

ウゾノは、JGPでの最初のキャンペーン中に、9月初旬のイスタンブールで2位、9月下旬のポーランドのグダニスクで優勝するという好成績を残した。 弱冠13歳、名古屋出身の彼のスキルは現時点で急成長している。

2022年9月の資料写真の中田諒。 (ⒸISU)

男子タイトルは中田、中村、海老原が争うべき

男子レースでは、15歳の中田諒がバンコクで優勝、8月末のイスタンブールで2位となり、得点王としてJGP決勝出場権を獲得し、優勝候補となるだろう。 中田は11月上旬に青森県八戸市で東日本部門で戦った。 ショートプログラムでは首位に立ったが、フリーは難しく5位に終わった。

中田の主な挑戦は、大阪で8位に終わったアルメニアJGPで2位となった18歳の中村俊輔になる可能性がある。

15歳の海老原大也は、JGPでの順調なデビューシーズンを経て、イスタンブールとグダニスクの両大会で3位に終わり、メダルの可能性を秘めているはずだ。

広告


土曜日、男子シングルスは午後12時30分に始まり、女子は午後6時に着氷する予定だ。 ジュニアの場合、男女各上位6名は12月に長野で開催される日本選手権に招待される。 初心者スケーターには日本選手権に出場する資格はありません。

関連している:

著者: ジャック・ギャラガー

著者はベテランスポーツジャーナリストであり、世界有数のフィギュアスケート専門家である。 Jack の記事とポッドキャストを探す 彼の著者ページにはそしてX(以前のTwitter)で彼を見つけてください @スポーツジャパン

READ  妖怪ラーメンは、ロボットの日本でのリリースで最大の印刷機を魅了します