9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

強い輸出日本の経常黒字は1月から6月に増加する

写真

東京(ロイター)-日本の経常黒字は、米国とアジアへの輸出の増加により今年上半期に増加した、データは火曜日に示した、耐久消費財に対する強い世界的な需要が景気後退を和らげるのを助けた。

対照的に、大流行により外国人観光客の入国が妨げられたため、財務省のデータが示すように、国のサービス不足は1月から6月に拡大し、危機がかつて日本の観光セクターの成長にもたらした苦痛を浮き彫りにしました。

日本のサービス部門の別の調査は7月に改善しました。

SMBCニコ証券の研究者は、「感染数は増え続けており、夏休み中の旅行を禁止する政府の要求を促している」と述べた。個人消費は7月も続いたかもしれないが、8月には減少した。

日本は今年上半期に経常黒字の10兆4700億円(947.8億ドル)を収穫し、前年同期比3.5兆円増加し、輸出が22.2%増加した。

データによると、自動車、自動車部品、チップ製造装置の輸出は、アジアと北米に向かう人々に特に適しており、メーカーは耐久消費財に対する世界的な需要の恩恵を受けています。

対照的に、日本では1月から6月にかけてサービス赤字が1,467億円から2兆9千億円に拡大した。

日本経済は、昨年の不況の蔓延と堅調な輸出から生まれました。 しかし、ワクチンの放出が遅く、Govt-19感染の再発が消費を圧迫し、回復の見通しを曇らせています。

観光業は、国境の閉鎖と政府のホームステイの要求によって大きな打撃を受けています。 ほとんどのアナリストは、日曜日に終了した東京オリンピックは、観客がほとんどのイベントに参加することを許可されなかったため、経済にほとんど刺激を与えなかったと述べました。

ライカ木原のレポート; スーザンフェントンによる編集

READ  日本とロシアは、気候変動と戦うために水素とアンモニアに協力しなければなりません