4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

当局が教師の労働時間を削減できなければ、日本の学校は「重大な危機」に直面すると労働組合が警告

当局が教師の労働時間を削減できなければ、日本の学校は「重大な危機」に直面すると労働組合が警告

「教師の過剰な残業は撤廃されるべきだ」と全教職員の岡本千尋氏はアジア・ディス・ウィークに語った。 「超過勤務の最大の理由は、文科省が教育予算を毎年削減しており、深刻な社会問題となっている深刻な教員不足です。

「日本のすべての都道府県のどの学校も不足している。つまり、他の教師がより多くの時間を費やさなければならないことを意味する」と同氏は語った。 「海外の教職員組合の同僚と話をすると、彼らは日本の状況に完全にショックを受けています。 彼らは、私たちが無給でこれほど長時間労働しなければならないことが信じられませんでした。

平均的な公立学校教師の年収は約370万円(2万4,822米ドル)で、10年後には年収500万円(3万3,543米ドル)に上昇する。

昨年の毎日新聞の報道によると、中学校の教師は通常、週に11時間勤務しているのに対し、小学校レベルの同僚は毎日10時間45分勤務している。

教師も週末に平均 2 時間 20 分を費やします。

日本人が教えることを避ける理由:長時間労働、低賃金、勤務中に死亡するリスク

岡本氏によれば、教師は子供たちを助けたいという理由でこの職業に就き、長年にわたって教育者には報酬なしで徐々に仕事が与えられるようになったという。

同省は、子どもたちを傷つけることを恐れてストライキをしないと信じているため、同省は彼らに対して勤務教師の約束を「利用」していると述べた。

しかし、職業上のプレッシャーは犠牲を伴います。

昨年8月に発表された同省の調査によると、2021学年度に全国の公立学校で953人の教師がメンタルヘルス不調を理由に退職したことが明らかになった。 この件数は、2018年に報告された過去の最多よりも171件増加しています。

小中高校の教員が退職理由として最も多いのは長時間労働だ。

富山市の中学校の授業。 日本の教育省は、教師に志願する人が減少していると述べています。 写真:京都

別の調査によると、2021年には5,897人の教師が心理的問題を理由に休暇を申請した。 同省はまた、劣悪な環境のため教師として志願する人が少なかったことも認めた。

事態は深刻で、同省は昨年、メンタルヘルスに不安を抱える教員へのカウンセリングに助成金を導入すると発表した。

日本の学校で5年間働いた外国人教師は、日本人教師がどれだけの時間を費やし、どれだけの時間を無料で期待されているかに「ショックを受けた」と認めた。

「4月の新学期の始まりにはいつも驚きます。 子どもたちは学年が変わり、教師は1週間前までどのクラスを担当するか知らされず、急いで翌年の新しいカリキュラムを作成しなければならなかった。

「混乱しました」とこの教師は語った。彼女は今も教育分野で働いているため、名前は明かしたくなかった。 「その膨大な仕事が教師の他の業務を後回しにしてしまったため、事実上、新学期の初日から遅れを取り戻すことになったのです。」

精神的健康問題が「深刻」に増加中、日本は教師の労働時間を削減

彼女は、教師がスポーツチームの指導や週末のその他の任務に報酬を支払われていないことに愕然とし、それを「強制ボランティア」の時間だと表現した。

「私が一緒に働いていた教師たちが、置かれている状況のせいでうつ病になったとは言いませんが、長時間の超過勤務とストレスがハラスメントなど他の問題を引き起こす環境を生み出しました」と彼は言う。 「長時間労働が事実上、他の問題を引き起こすきっかけとなった。」

著者らは広く国民の支持を得ているようで、最近のメディア報道はオンラインで読者からの怒りのコメントを集めている。

TBSのニュースサイトにリンクされたメッセージには「現場の声が聞かれなければ、この国は滅びる」と書かれていた。

ニッチョーソ氏は声明で、目前に迫った「大きな危機から学校を救うため」に行動するよう同省に求め、負担を分担する教師の雇用とスクールカウンセラーの増員を求めたと述べた。 組合は官僚に対し、職務内容を改善し、給与構造を見直す方法を考え出すよう求めている。

READ  京セラが日本に新工場を建設