6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

彼女は日本から来たが、マレーシアは覚せい剤3.5kgで絞首刑にした。 今、彼女は生きることになる

彼女は日本から来たが、マレーシアは覚せい剤3.5kgで絞首刑にした。 今、彼女は生きることになる

彼女は日本から来たが、マレーシアは覚せい剤3.5kgで絞首刑にした。 今、彼女は生きることになる

マレーシア最高裁判所は水曜日、司法改革を受けて、麻薬密売の日本人女性の死刑判決を懲役30年に減刑した。 義務的な死刑は廃止された 麻薬やその他の重大犯罪の場合。

連邦裁判所の3人の裁判官からなる合議体は、減刑を求める控訴を検討した結果、満場一致の決定で、50歳の竹内万里子さんに下された死刑判決を、2009年の逮捕日から懲役30年に置き換えた。

竹内さんは、2009年にマレーシアにメタンフェタミン3.5kgを密輸した元看護師に死刑判決を受けた下級裁判所の判決を裁判所が支持し、2015年に控訴を棄却した。

昨年9月に死刑または無期懲役を宣告された受刑者に減刑を認める法律が施行されたことを受け、同氏は減刑を不服として控訴した。 この法律は、麻薬密売、殺人、テロリズムを含む11の犯罪に対する死刑または終身刑の義務を廃止する司法改革の一環であった。

竹内被告は公判で、ドバイからクアラルンプール国際空港に持ち込んだスーツケースの中に麻薬が入っていたとは知らなかったと証言した。 彼女はイラン人の知人を優遇するためにスーツケースを持って行ったと主張し、無罪を主張した。

竹内さんは2009年にマレーシア警察に連行され、クアラルンプールの法廷審理に出席した。 写真:AFP
竹内さんの所属です 日本青森県は、マレーシアで麻薬密売の罪で裁判にかけられ、死刑判決を受けた初めての日本人である。

弁護士のヒシャム・テー・ボー・テイグ氏は法廷の外で記者団に対し、刑務所の規則では善行に対しては刑期の3分の1を釈放することが認められており、竹内氏は2029年までに釈放される可能性があると述べた。

政府データによると、この法律が施行される前に、1,020 人の犯罪者が死刑または終身刑を宣告されていた。

これらの有罪判決者のほとんどは、法律が施行され死刑が懲役刑に減刑された後、有罪判決の再考を求めた。

READ  日本文学賞受賞者がChatGPTを活用