4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

情報源:ドルフィンズはCBケンダル・フラーと2年契約を結んだ

情報源:ドルフィンズはCBケンダル・フラーと2年契約を結んだ

マイアミ・ドルフィンズはケンダル・フラーと2年1650万ドルの契約を結んでいると関係者がESPNのジェレミー・ファウラーに語った。

フリーエージェントのコーナーバックとしては最高の選手と考えられているフラーは、今週チームから放出されたザビアン・ハワードに代わるスターター候補となる可能性をドルフィンズに与えている。

フラーは過去4シーズン、ワシントン・コマンダーズでの2度目のスティントで出場可能な66試合のうち62試合に先発出場し、10回のインターセプトを成功させた(2023年の2回を含む)。

コーチたちは彼を賢いコーナーだと考えており、目をうまく使い、ポジションを崩すことはめったにない。

昨シーズンは15試合に先発出場したが、最後の2試合は膝痛のため欠場した。

2022年には3回のインターセプトのうち2回をタッチダウンで返した。

ワシントンは2016年のドラフト3巡目でフラーを指名し、最初の2シーズンはスロットの一角として重要な役割を果たした。 彼は最終的に2017年シーズン終了後にクォーターバックのアレックス・スミス獲得パッケージの一環としてカンザスシティ・チーフスにトレードされた。

29歳のフラーはチーフスで2シーズンプレーし、19試合に先発出場し、スーパーボウルのリングを獲得した。 彼は2020年にフリーエージェントとしてワシントンに戻り、主にアウトサイドでスターターとして活躍した。

ESPNのジュン・キム氏がこのレポートに寄稿した。

READ  バックスはフィサーブ フォーラムでグリズリーズに 137-114 で敗れる