2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

情報源 – グリズリーズはオラディポ獲得のためにアダムスをヒューストンへ派遣、指名

情報源 – グリズリーズはオラディポ獲得のためにアダムスをヒューストンへ派遣、指名

ヒューストン・ロケッツはガードのビクター・オラディポと2巡目指名権3人との契約でメンフィス・グリズリーズのセンター、スティーブン・アダムスを獲得したと関係者が木曜日にESPNに語った。

関係者によると、グリズリーズはトレードで2024年と2025年の2巡目指名権2選手を獲得する予定だという。

30歳のアダムスは右膝手術を受けて2023年1月から戦列を離れていたが、2024-25シーズンには完全に回復する見込みだ。 ロケッツは、新星センター、アルペレン・セングンのバックアップとして、彼のフィジカル、リバウンド、リーダーシップを兼ね備えることを目指している。 イメ・ウドカ・コーチはロスターの堅実さとリバウンドの向上を重視しており、アダムスは2021-22年と2022-23年の両方でオフェンスリバウンドでNBAをリードした選手をロケッツに与えた。 昨シーズン、膝を負傷するまで、アダムスは42試合で平均11.5リバウンドを記録していた。

この契約により、グリズリーズの2024-25年給与から保証年俸1,240万ドルが取り除かれ、第2サラリースクエアと呼ばれる懲罰的なサラリーキャップレベルの1億9,000万ドルを約1,700万ドル下回ることになる。 契約満了を迎えるオラディポには復帰の予定はない。

今年はオールNBAガードのジェイ・モラントの肩の手術でシーズン終了となったことも含め、怪我が多発したこともあり、グリズリーズは2024年のNBAドラフトの上位指名権を争うフランチャイズとして独特の立場にある。もう一人若い選手を追加するか、チームの核であるモラントとジャレン・ジャクソン・ジュニアを補完するためにトレードで彼を使う。 デズモンド・ベインとマーカス・スマート。

ESPNのボビー・マークスがこのレポートに貢献した。

READ  ルーカス: チャールストン ラピッド リアクション - ノースカロライナ大学アスレチックス校