7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

情報源 – レブロンは、最高額を下回る契約に署名することでレイカーズのサラリーキャップの引き上げを支援

情報源 – レブロンは、最高額を下回る契約に署名することでレイカーズのサラリーキャップの引き上げを支援

関係者がESPNに語ったところによると、レブロン・ジェームズは10年以上ぶりに、契約資格のある最高額を下回る契約でプレーすることになり、これによりロサンゼルス・レイカーズは将来のチーム構築に影響を与える可能性のあるサラリーキャップの制約を回避することができるという。

レイカーズは土曜日、ジェームズが1億135万ドルで2年延長契約を結んだと発表、これにより彼はリーグで23シーズンを過ごし、ビンス・カーターの22年間という記録的なキャリアを超えることになる。 関係者がマークスに語ったところによると、この契約は上限の1億400万ドルには約270万ドル足りないという。

契約には2シーズン目のプレーヤーオプションが含まれており、39歳のジェームズには、ベテランの資格で1年間の保証付きで2シーズン連続でプレーすることでデフォルトのノートレード条項が与えられる。

ジェームズの代理人であるリッチ・ポールは先週、ESPNに対し、ロサンゼルスがフリーエージェントで「影響力のある選手」を獲得できるよう、1290万ドル相当の中堅レベルの例外枠を開放することでジェームズが減俸を受け入れるつもりだと語った。 関係者がESPNに語ったところによると、レイカーズが中堅レベルの例外やトレードパッケージでゴールデンステート・ウォリアーズからクレイ・トンプソン、シカゴ・ブルズからデマー・デローザンを引き抜くことができなかったため、このジェスチャーは無駄になったという。

トンプソンは月曜日の夜にダラス・マーベリックスにトレードされ、土曜日の夜にデローザンはサクラメント・キングスにトレードされたと関係者がESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキーに語った。

関係者はマークスに、ジェイムスの年俸のおかげでレイカーズは4万5000ドルの差で2巡目指名を回避でき、ロサンゼルスはロスターの給料総額を高額に負担するペナルティとして、来夏の契約に彼を含めることによる2032年の1巡目指名権の凍結を回避できるだろうと語った。サラリーキャップを超えています。

レイカーズのバスケットボール運営担当副社長兼ゼネラルマネージャーのロブ・ペリンカは、今週初めにロサンゼルスが第55代チームに選出したジェームズの長男ブロニーの入団記者会見で、リーグの新しい労働協約の懲罰的な性質について言及した。 NBAドラフトで指名する。

「私たちは今、エプロンの世界にいるのです」とペリンカさんは言う。 「競合チームやチャンピオンシップレベルのチームが選手を失うのを見てきました。それは私たちが住んでいるエプロンの世界の結果です。では、これによりトレードがより困難になるのでしょうか? はい。良いトレードが不可能になりますか? いいえ。ですから」私たちは名簿のアップグレードを追求し続けます。」

ロサンゼルスの2024-25シーズンのロスター報酬総額が1億9000万ドルを超えた場合、レイカーズは契約総額よりも多くの給与を取り戻すことができなくなり、厳密な計算に当てはまらない潜在的な契約は打ち切られることになる。 2番目のエプロンに関連する別のペナルティ。

ジェームズが減給を受け入れたのはキャリアの中で一度だけ、2年総額6,860万ドルの契約でマイアミ・ヒートに入団した2010年のことだ。 これは、ヒートの上層部が4回連続でファイナルに進出し、2回のチャンピオンシップを獲得するチームを編成するのに1,500万ドルが利用できることを意味した。

READ  ブルージェイズ、最近の反LGBTQ+発言を受けてアンソニー・バス投手を解雇