6月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

投資家がインフレ統計に期待し米国株が下落

投資家がインフレ統計に期待し米国株が下落

マーケットの最新情報を無料で入手

原油価格が7カ月ぶりの高値を付けたため、水曜日のウォール街株は下落し、投資家は米国で先月インフレが加速したことを示すと予想される週後半の統計に身構えていた。

火曜日も下落が続く中、ウォール街のベンチマークであるS&P500種指数は0.6%下落し、半導体グループのエヌビディアは4.8%下落した。 ハイテク株の多いナスダック総合指数は1.1%下落した。

この動きは、トレーダーらが木曜日に発表される最新の米国のインフレ統計を待つ中で行われた。この統計では、7月の消費者物価が前年比で6月の3%から3.3%に上昇すると予想されている。 見出しの数字が加速するのは2022年6月以来初めてとなる。

しかし、金利上昇が深刻な景気後退や失業率の急上昇につながらない、いわゆる「ソフトランディング」シナリオが「市場の支配的な物語」となっている。 [and] JPモルガンのアナリストらは、コモディティは別として、リセッションリスクは主にリスク資産から織り込まれていると述べた。

世界の原油指標であるブレント原油は水曜日、サウジアラビアとロシアによる減産による高騰で1%以上上昇し、1バレル当たり87.65ドルとなり、1月以来の高値となり、6月末以来約5分の1となった。 一方、オーストラリアからの供給途絶の可能性に関するニュースを受けて、欧州の天然ガス価格は26%上昇し、メガワット時当たり38.62ユーロとなった。

米国株式市場のネガティブな展開は、欧州とは対照的だった。欧州では、イタリア財務省が計画されていた棚ぼた課税を緩和し、前取引で上位金融機関の株価が暴落したことを受けてイタリアの銀行株が反発した。

欧州地域のStoxx600指数は前回の上昇幅を縮小して0.4%上昇し、フランスのCAC40指数は0.7%上昇、ドイツのDAX指数は0.5%上昇した。 ロンドンのFTSE100種は0.8%上昇した。

イタリア財務省が純利子所得税の上限を資産の0.1%にすると発表したことを受け、資産規模でイタリアの2大銀行であるインテサ・サンパオロとウニクレディトの株価はそれぞれ2.3%と4.2%上昇した。

国営モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは火曜日に10分の1以上下落した後、2.4%反発し、バンコBPMは5.4%上昇した。

立法の反発にもかかわらず、アナリストらは、銀行を追及するイタリアの決定は他の欧州諸国でも棚ぼた利益税をめぐる論争を煽る可能性があり、金融​​機関が預金金利を引き上げることで新たな税金を先取りする可能性が高まると指摘した。 スペインはすでに銀行に予想外の税金を課している。

中国経済が7月にリセッション(景気後退)に陥ったことをデータが示したことで、週初めに失望的な貿易統計が発表されたことを受けて消費と成長の低下に対する懸念が強まり、アジア株はまちまちとなった。

世界第2位の経済大国の消費者物価が7月に前年比0.3%下落したことを受け、香港のハンセン指数は0.3%上昇し、中国のCSI300指数は0.3%下落した。

火曜日に発表されたデータによると、中国の輸出入はドルベースでそれぞれ前年比14.5%、12.4%減少した。

一部の投資家は、政府の景気刺激策が経済成長を回復させ、インフレへの回帰を促す可能性があると期待している。

READ  実績に基づかないグーグルのレイオフ:インド人従業員が解雇された