4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

投資家はFRBが2024年に3回の利下げを依然として予想しているかどうかを待っている

投資家はFRBが2024年に3回の利下げを依然として予想しているかどうかを待っている

米連邦準備理事会(FRB)は水曜午後の政策会合終了まで金利を据え置くと広く予想されている。

しかし、投資家にとってより大きな疑問は、政策当局者が2024年に3回の利下げが行われる可能性が依然として高いと信じているかどうかだ。

その答えはFRBの「ドットチャート」という形で得られるだろう。このチャートは四半期ごとに更新され、フェデラルファンド金利の方向性についての各FRB当局者の予想を示している。

12月にはドットチャートでFRB当局者の間で2024年までに3回の利下げを行うというコンセンサスがあることが明らかになり、これはFRBが金融緩和政策を開始する準備ができていることを示す最初の兆候となった。

現在、予想を上回る一連のインフレ指標や連邦準備理事会当局者のハト派的なコメントを受けて、その予測は疑わしい。

FRBのパウエル議長らはここ数カ月、利下げを開始する前にインフレ率が「持続的に」2%の目標に向かっていることを確認したいと強調してきた。

ファイル写真:2024年1月31日、米国ワシントンの連邦準備理事会でFRBの金利政策決定発表後に記者会見するジェローム・パウエル連邦準備理事会議長。ロイター/エブリン・ホッホスタイン/ファイル写真

FRB議長ジェローム・パウエル。 ロイター/エブリン・ホッホスタイン/ファイル写真 (ロイター/ロイター)

投資家はこれらの削減がいつ始まるかについて賭けを調整している。 年初から3月から6回の利下げを予想していたが、現在は6月から3回の利下げを予想している。

6月利下げの見通しさえここ数週間で低下している。

FRBは前回7月に利上げし、それ以来金利を23年ぶりの高水準となる5.25~5.50%の範囲に据え置くことを選択した。

FRBは東部時間午後2時に政策決定を発表し、その後東部時間午後2時30分にパウエル議長の記者会見が行われる。

FRB当局者は政策決定と金利予測に加えて、インフレ、GDP成長率、失業率に関する最新の予測を発表する予定だ。

これとは別に、投資家はパウエル議長の記者会見中に、FRBが金融環境を引き締めるために利用しているあまり知られていない政策ツールである巨額のバランスシートの縮小をどのように遅らせるつもりなのかについての議論にも注目するだろう。

過去2年間にわたり、FRBはパンデミックの初期段階で経済を刺激しようとして蓄積していた1兆5000億ドル近くの財務省証券とモーゲージ証券を放出し、月に1000億ドル近くを返済して残高を枯渇させることができた。シート。

インフレが低下し始めている今、問題はFRBがいつこの低下ペースを鈍化させ始めることができるかだ。

政策当局者が避けたいのは、過去10年末にFRBが前回バランスシート縮小を試みた際に起きたような金融市場の無秩序な混乱だ。

最新の株式市場ニュースや株価を動かすイベントの詳細な分析についてはここをクリックしてください

Yahoo Finance から最新の金融およびビジネス ニュースを読む

READ  中国は世界最大の自動車輸出国として日本からわずかの距離にある