7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

携帯電話をチェックしてください: 人気の Android アプリがユーザーを監視し始め、録音を開始したと言われています

携帯電話をチェックしてください: 人気の Android アプリがユーザーを監視し始め、録音を開始したと言われています

(NEXSTAR) – Google Play ストアで入手可能な画面録画アプリは 50,000 回以上インストールされており、ユーザーへのスパイ行為を開始するまでの数か月間は正常に動作していたと研究者らは述べています。

アプリ「iRecorder – スクリーン レコーダー」は、2021 年 9 月 19 日に Google Play ストアに初めてアップロードされました。 ルーカス・ステファンコ氏によると、サイバーセキュリティ企業ESETのマルウェア研究者。

ステファンコ氏は、おそらく2022年8月のアップデートでコードが変更されるまで、このアプリには悪意のある機能は含まれていなかったと述べた。その日以降、悪意のあるコードにより、悪意のある攻撃者が秘密の音声録音を作成し、写真、ビデオ、保存されたWebページ、その他のファイルを秘密裏に転送することが可能になった。 ESET によると、ハードウェアの

2022 年 8 月より前にアプリをダウンロードしたユーザーは、アプリを手動または自動で更新した場合、依然として検出されている可能性があります。 アプリをトロイの木馬に変えたアップデートの責任が開発者なのか別の攻撃者なのかはまだ明らかではありません。

「マイク録音を排出したり、指定された拡張子を持つファイルを盗んだりするアプリケーションの特定の悪意のある動作は、それがスパイ活動の一部であることを示す傾向がある」とステファンコ氏は書いた。 「ただし、このアプリが特定の悪意のあるグループによるものであると特定できませんでした。」

アプリに悪意のある機能が含まれることは珍しいことではありませんが、Android 所有者の個人データを標的にする前にアプリが何か月も合法的に実行されることはまれであるとステファンコ氏は書いています。

このアプリは Google Play ストアで入手できなくなりました。 テッククランチ 報告されていますが、すでに携帯電話にインストールされている場合は、アンインストールしてから、 クリア アプリケーションファイル。

Nexstar はこのアプリについて Google にコメントを求めたが、公開時点では返答は得られていない。

Copyright 2023 Nexstar Media Inc. All Rights Reserved. すべての権利は保存されます。 この素材を出版、放送、書き換え、または再配布することはできません。

READ  チャールズ国王が故女王の友人のために購入した家