2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

政府高官によると、日本は賃上げを優先する

政府高官によると、日本は賃上げを優先する

  • 日本にとっての最大の課題は賃金の伸びの欠如だ – 木原
  • 政府は賃金上昇の達成に一層注力する – 木原
  • このコメントは、持続的な成長には賃金の上昇が必要であるという日銀の見解を反映している

[東京 28日 ロイター] – 日本政府は来年の経済政策で賃上げを優先すると、木原誠治官房副長官が水曜日に述べた。

木原氏はテレビ番組で、「日本経済の最大の課題は、賃金が上がらないことだ。賃金が上がらない限り、消費は伸びず、企業も投資を増やさない」と語った。

木原氏は、政府は税制優遇措置を通じてより高い賃金を達成するのを助けることができるが、企業は賃金をどれだけ引き上げるかを決定する責任があると述べた. 政府は、企業が人的資源に費やす金額について、より多くの情報を開示するよう企業に働きかけることができる、と彼は述べた。

このコメントは、日本銀行(BOJ)の黒田東彦総裁のコメントと同じであり、強い内需に牽引されて経済が2%のインフレ目標を持続的に達成するための鍵は賃金の上昇であると強調した。

「政府は賃金上昇を達成することに一層注力するだろう。これは物価が上昇し続ける中で特に重要だ」と木原氏は語った。

岸田文夫首相の政権は、最近の急激な円安により、すでに高価な原材料の輸入コストが上昇したため、生活費の上昇に対する懸念の中で支持率が低下している.

日銀の景気刺激策による円安の副作用に対する政府の懸念は、日銀が今月初めに債券利回りの規制を撤回し、長期金利をさらに上昇させるという驚くべき決定を下したことを背景に生じた、と情報筋はロイターに語った。

日本の消費者物価上昇率は 11 月に 40 年間で最高の 3.7% に達し、日銀の目標を大きく上回り、消費者物価の上昇を相殺するのに十分な賃金がまだ上がっていない家計に打撃を与えました。

木原ライカによるレポート。 Sang-Ron Kim と Kenneth Maxwell による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本で脚光を浴びる軽量ランドセル