6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

教皇フランシスコ、同性愛者に対する侮辱疑惑を謝罪

教皇フランシスコ、同性愛者に対する侮辱疑惑を謝罪

画像ソース、 ゲッティイメージズ

  • 著者、 知っていて受け入れられる
  • 役割、 BBC宗教編集者

ローマ法王フランシスコは、同性愛者男性に対して極めて攻撃的な言葉を使ったとの報道を受けて謝罪した。

バチカンの声明は、法王は誰かを傷つけるつもりはなかったとし、「一言の使用で傷ついた」人々に謝罪したと述べた。

伝えられるところによると、イタリアの司教会議で教皇は同性愛者の男性が聖職者になるための訓練を受けることを許されるべきではないと述べ、すでに緊張した雰囲気が漂っていると付け加えた。 フロチャギ​​ン、これは非常に攻撃的な中傷として解釈されます。

この会談は非公開だったが、広く報道された。

「教皇フランシスコは、密室で司教たちと交わした会話に関する最近発表された記事を承知している」とカトリック教会の統治機関であるローマ教皇庁のマッテオ・ブルーニ長官の発言が声明で引用された。

教皇のコメントはイタリアのタブロイド紙ダゴスピアのウェブサイトで最初に報じられ、他のイタリア通信社もすぐに確認した。

特に教皇フランシスコは同性愛者に対する敬意について公の場で頻繁に語っていたため、報道された言葉には衝撃が走った。

ブルーニ氏は「現状のままだ」と語った。 [the Pope] 彼は何度もこう言いました。「教会には、誰にとっても、誰にとっても場所があるのです!」 「役に立たない人も余分な人もいない。私たちと同じように、誰にとっても居場所がある。」

さらに、「教皇は気分を害したり、同性愛嫌悪的な言葉を使用したりするつもりは決してなかった。気分を害したと感じたすべての人に謝罪している」と付け加えた。 [or] ブルーニ氏はバチカンの声明で「たった一言の言葉の使用で傷ついた」と結論づけた。

教皇の進歩的な支持者らは、カトリックにおける同性愛者の権利についてはほとんど変わっていないものの、教皇が教会の立場の論調を変えたと長年主張してきた。

法王就任初期に同性愛者について尋ねられたとき、「私は誰を裁くべきなのか?」という答えで話題になった。

同氏は最近、状況によっては司祭が同性カップルを祝福できるべきだと発言し、カトリックの伝統主義者らを驚かせたほか、同性愛者の教会への歓迎について頻繁に発言した。

スペイン語を話す教皇の弁護団は、教皇が口語イタリア語で時折間違いを犯すことを指摘し、同教皇はアルゼンチンのイタリア語を話す家庭で育ったにもかかわらず、自分が引き起こす可能性のある攻撃の程度を理解していなかった、と指摘した。

しかし、カトリックの同性愛者権利団体「DignityUSA」の代表マリアン・ドゥーディ・バーク氏は、特に「神の民に忠実かつ善良に仕えた同性愛者の司祭たちにとって、上記のコメントは衝撃的で有害だ」と述べた。

彼女はロイター通信に対し、「たとえ冗談のつもりだったとしても、残念ながら、教皇のコメントは、私たちの教会に今なお存在する反同性愛者に対する偏見と制度的差別の深さを明らかにしている」と語った。

READ  台風ハイクイが台湾に上陸、数千人が避難