4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

数百万人のインドネシア人が世界最大規模の選挙で新しい大統領を選んでいる

数百万人のインドネシア人が世界最大規模の選挙で新しい大統領を選んでいる

インドネシア、ジャカルタ(AP通信) – 数百万人のインドネシア人が水曜日、国の大統領に就任する新大統領を選出した 世界で3番目に大きい民主主義国家 残忍な権威主義時代から抜け出してからわずか 25 年余りで、世界的な経済大国になることを目指しています。

元将軍として人権残虐行為を行ったとして告発されているインドネシアの現国防大臣と、元知事2人が政府の後継者を巡って争っている。 ジョコ・ウィドド大統領は依然として広く人気がある

ウィドド氏が川沿いのスラム街から大統領に就任したことは、独裁政権がはびこる東南アジアの国における民主主義の活力を証明した。

3 つのタイムゾーンにまたがる 1 万 7,000 の島々を含み、人口 2 億 7,000 万人が住む広大な群島での投票は、白い投票箱と投票用紙がロバに乗って、または一部の遠隔地では徒歩で運ばれるため、物流上の悪夢です。 投票は各タイムゾーンで現地時間の午前7時に開始され、最初のゾーンはグリニッジ標準時22時に投票が始まります。

大統領職に加えて、数万人の候補者が国、州、準州レベルで約2万の国会議員の地位を争うことになる。 18政党の約1万人の候補者が国会だけで580議席の獲得を目指している。

プラボウォ・スビアント国防相とアニエス・バスウェダン元州知事とガンジャル・プラノウォ元州知事が大統領選を争っている。

いくつかの独立世論調査に基づく最有力候補であるスビアント氏は、副大統領のポストにウィドド氏の長男ゲブラン・ラカブミン・ラカ氏を選んだ。

スビアント氏は中将だった1967年から1998年までスハルト独裁政権と関わりのある唯一の候補者である。 コパスス特殊部隊の指揮官を長年務めた同氏は、コパスス兵士が当時義父だったスハルト氏の政敵を誘拐、拷問した後、1998年に不名誉除隊された。

同年誘拐された22人の活動家のうち、13人が今も行方不明だ。 スビアントは裁判にかけられることはなかったが、彼の部下の何人かは裁判を受けて有罪判決を受けた。

世論調査では、72歳のスビアント氏がライバルたちを大きくリードしているが、決選投票を避けるために必要な過半数を獲得できない可能性がある。 彼は最年長の候補者であるが、副大統領候補は最年少であるスラカルタ市長のジブラン・ラカブミン・ラカ、ウィドドの息子で36歳である。

ラカ氏は法定最低年齢である40歳に満たないが、憲法裁判所が設けた例外規定に基づいて出馬が許可された。 当時、裁判所はウィドド氏の義理の息子が裁判長を務めており、明らかに大統領をえこひいきしているとして批判が高まった。

スビアント氏はウィドド氏のアプローチを継続すると約束 経済成長 専門家らはこの計画はウィドド氏の人気を利用する試みとみている。 しかし、人権活動家らは同氏をスハルト独裁政権末期の拷問や失踪に結び付けているとして強く反対している。

バスウェダン氏はイスラム系大学の元学長で、昨年までジャカルタ知事を務めていた。 元フルブライト学者のバスウェダン氏は2014年からウィドド氏が閣僚から外した2016年まで教育文化相を務めていた。

バスウェダン氏は、インドネシアの首都をジャカルタから約2,000キロ(1,240マイル)離れたボルネオ島のヌサンタラに移転するというウィドド氏の計画に反対しており、政府の建物や住宅をゼロから建設することになる。

同氏は先月AP通信とのインタビューで、インドネシアの民主主義は衰退していると述べ、スビアント氏がウィドド氏の息子を副大統領候補に選んだことに言及し、民主主義を軌道に戻すと誓った。

「これは信頼が低下していることを意味し、私たちの民主主義の質が低下していることを意味し、多くの法的規則が曲げられていることを意味する」と同氏は述べた。

ブルーノ氏は与党候補だが、ウィドド氏の支持を得ていない。 彼は2013年に中央ジャワ州知事として2期のうちの1期目に選出されるまで、与党インドネシア闘争民主党の国会議員を10年間務めた。

同氏は知事時代、同県で開催予定だった20歳以下ワールドカップへのイスラエルの参加を拒否した。 その後、FIFAはインドネシアを試合開催国から外し、サッカーファンからプラノウォに対する反発を引き起こした。

イスラエルと世界最大のイスラム教徒が多数を占める国であるインドネシアの間には外交関係がない。

READ  ライアンエアーは、南アフリカの旅行者にアフリカーンス語のテストを導入したことを批判しました