6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

新しい「メイド・イン・ウクライナ」オフィス:日本経済省とUNDPオデッサの起業家支援

新しい「メイド・イン・ウクライナ」オフィス:日本経済省とUNDPオデッサの起業家支援

オデッサ、2024 年 5 月 30 日 – 日本政府と国連開発計画(UNDP)は、ウクライナ経済省、国家雇用局、オデッサ州雇用センターと協力し、オデッサに地域「メイド・イン・ウクライナ」事務所を開設した。 これは、ウクライナの製造業者を支援し、国民経済を強化することを目的とした包括的なプログラムである「メイド・イン・ウクライナ」プラットフォームの9番目の代表事務所となる。

2023年、オデッサでは砲撃により300近くの民間インフラ施設が被害を受けた。 それにもかかわらず、オデッサ州の経済は生き残り、適応するのに苦労している。 p

地域の「メイド・イン・ウクライナ」オフィスは包括的な場所であり、国家と企業間のコミュニケーションを改善するために全国のすべての雇用センターに開設される予定です。 ここでは、起業家は、州や地域の支援プログラムに参加するための条件や登録、自分のビジネスの立ち上げや発展に関するトレーニング、補助金の申請方法、政府機関、銀行、政府機関との連絡に関する適切な支援を受ける方法について詳しく学び、登録することができます。 他の会社。

ユリア・スビリデンコ、ウクライナ第一副首相兼経済大臣は、ウクライナの破壊されたインフラと経済を回復し、ウクライナの安全保障と防衛部門を強化することは、起業家精神の発展なしには不可能であると指摘し、「本格的な侵攻が始まって以来、オデッサは繰り返しロシア人の標的となってきた。しかし、」組織的な砲撃にも関わらず、起業家たちは仕事を続け、仕事を提供し、「彼らは税金という形で国家予算に財政的インセンティブを与えている。『メイド・イン・ウクライナ』地方事務所の開設は、地元企業が国家支援プログラムに参加するのに役立つだろう」と彼女は語った。スヴィリデンコ氏は語った。

ジャコ・シリアーズ、UNDPウクライナ駐在代表、ウクライナ経済省とUNDPの間の協力は10年以上続いていることを思い出した。 「私たちは経済を構築するウクライナ政府の取り組みを引き続き支援しており、民間部門の発展は常に最優先事項です。私たちの包括的なアプローチは、補助金とインフラストラクチャーソリューションの形での直接支援を組み合わせ、起業家のスキルを構築します。サービスへのアクセスを改善することで、「メイド・イン・ウクライナ」はUNDPによって日本からの寛大な支援を受けて実現されており、「政府機関はこれらのアプローチを統合して国内のビジネス環境を開発している」とシリエ氏は述べた。

背景

オデッサにある「メイド・イン・ウクライナ」事務所は、UNDPウクライナの支援を受け、ウクライナ経済省、国家雇用局、オデッサ州雇用センターと協力して「人間の安全保障のための変革レスキュー」イニシアチブの一環として設立された。 「ウクライナ」プロジェクトは、日本政府の資金提供を受けて実施されました。

メディアのお問い合わせ:

ユリア・サムス、ウクライナUNDP通信部長、yuliia.samus@undp.org。

READ  日本の 2023 年税制改正では、普遍的なミニマム税の実施が開始されます