11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

新日鉄-トヨタの確執が技術的なリークのために韓国に戻る

東京-新日鐵のトヨタ自動車と中国のポーション鉄鋼に対する特許侵害訴訟日本の商品会社は非常にまれな訴訟を起こしています。

鉄鋼メーカーをこの抜本的な対策に駆り立てたのはなぜですか? 一部のオブザーバーは、それが中国と韓国との過去の技術リークに関連している可能性があると述べています。

危険にさらされているのは、電動車両の主な材料である電磁鋼板です。

新日本製鐵は、その秘蔵技術を活かした電子鋼板が、アジアのライバルに漏らされた苦い思い出をよみがえらせます。

2012年4月、日本の鉄鋼メーカーは、板金技術の企業秘密を盗んだとして、元エンジニアと韓国のPOSCOを訴えました。

この事件は多くの人にとって驚きでした。 技術者の漏えいは引退した技術者から長い間指摘されてきたが、産業盗難の立証が困難なために法廷に持ち込まれた事件もある。

韓国での別の事件では、ボスコの元従業員の衝撃的な法廷証言が、新日鐵のライバルであるボスコの起訴につながった。

E-鋼板技術をパボシャンに違法に販売した元従業員の事件。

「私は無実だ」と元従業員は韓国の裁判所に語った。

「ボスコが私が盗んだと主張する機密情報は、日本製鐵からポスコに最初に盗まれた」と元従業員は語った。 「ポーションに渡した」

従業員は2008年に韓国の高等裁判所によって有罪判決を受けました。

証言は新日本製鐵が探していた証拠を与えた。 さらに、日本の鉄鋼メーカーは東京地方裁判所で元エンジニアとポスコを訴えた。

新日本製鐵は、韓国の韓国の鉄鋼メーカーが申し立てを否定したとして、米国でボスコを訴えた。

2015年9月、新日本製鐵がポスコとの法廷外和解を発表し、紛争は突然解決した。 韓国企業が300億円(現在の価格で2億6200万ドル)を支払うことに合意した後、日本企業は知的財産紛争で和解に達した。 ボスコ

日本の鉄鋼メーカーによると、パスコンは当時、ボスコが購入した通常の電子鋼板とは異なる特許侵害を主張した。

技術的な違いにもかかわらず、リンクがあるかもしれません。 新日鐵は1980年代から電子鋼板の研究開発を行ってきました。 元ボスコ社員の諜報活動を踏まえると、新日鐵からボスコ、後にバシャンに伝わった技術は、問題の鋼板に基づいていたのかもしれません。

新日鐵は、技術的なリークの可能性についてコメントを控えた。

1970年代から2000年代半ばにかけて、日本は特許出願の数で世界をリードしました。 2020年までに30万件未満のアプリケーションで3位に落ちました。 中国は約140万件を提出し、米国は65万件を提出しました。

一方、2017年の日本での特許訴訟は約170件で、米国の人口の20%未満、中国の100分の1でした。

日本での事件の数は、違反が少ないためではなく、紛争が法廷外で解決されることが多いために少ないです。

日本企業は顧客との紛争を避けています。 競合他社であっても、法廷に出た後は両当事者が商品を生産できない可能性があることを恐れて、知的財産を相互に認識するためにクロスライセンス契約を選択することがよくあります。

新日鐵と日本の鉄鋼・自動車産業のリーダーであるトヨタとの法廷闘争は非常に珍しい。

その理由の一つは、電気自動車のモーターに電気シートを使用し、脱炭素時代の主要な技術であるためかもしれません。 これは、半導体などの経済的安全保障にとって重要であると予想されます。

特別な製造工程が必要で、紙の製造は困難です。 メーカーは独自の技術と知識を必要としています。 日本は鋼板を他社ではすぐにはできないものだと考えています。

新日鐵、韓国、中国は値下げ競争にさらされており、ステンレス鋼板は重要な高付加価値製品です。 新日鐵は特許に違反してシートの製造を受け入れ続け、トヨタからの供給注文も獲得した。

日本の最高の鉄鋼メーカーは、パボシャンだけでなく、他の自動車メーカーを拘束することを目的としたトヨタも訴えました。

トヨタの長田淳幹部は、「サプライヤー間の最近の訴訟を解決しなければならないため、訴訟を起こしたのは非常に残念だ」と語った。 「問題のE-steel紙について、契約を締結する前に、他社の特許が侵害されていないことをメーカーに確認した」と彼は述べた。

キーテクノロジーとの戦争は、開かれた紛争を回避する日本の大企業の伝統を打ち砕きました。

READ  東京オリンピックに幕が下がるが、日本にとっての本当の試練はまだ来ていない