4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、タイケ型潜水艦3番艦を発注

日本、タイケ型潜水艦3番艦を発注

この型潜水艦の最初の艦である大渓は同日、試験潜水艦に改装されました。

JSという名前 尽芸 (シリアル番号 SS 515)、新しいたいげい型ボートは、神奈川県の横須賀海軍基地の造船所によって委託された第 2 護衛小隊の第 4 護衛部門に追加されました。 )3月8日にゴビの施設で。

この級潜水艦としては初の、 タイガイ試験潜水艦は同日に改修されたため、日本は引き続き22隻の潜水艦を保有することになる。

海自によると、新型潜水艦は乗組員約70人、全長84メートル、全幅9.1メートル、喫水10.4メートル、基準排水量約3000トンとかなり大型。 全長 84 m、幅 9.1 m、深さ 10.3 m、標準排水量 2,950 トンは、よく知られている初期のそうりゅう型 SSK よりも優れています。

海上自衛隊によると、「たいげい」型には初めて女性専用コンパートメントが設置され、最大6人の女性が乗車できる。

ジンゲイとは日本語で「速いクジラ」を意味します。 それは大日本帝国海軍の外航用御用船と潜水艦母艦によって支援されました。 たいげい型潜水艦は、初期の海上自衛隊潜水艦の「潮」「龍」シリーズに続き、いずれも「鯨」を艦名に取り入れています。 「大鯨」とは「大きなクジラ」を意味します。

この新型潜水艦は約699億円(4億7,300万ドル)かかる予定で、6,000馬力を発生するディーゼル電気エンジンを搭載している。 水中での最大速度は20ノットです。

JMSTFは、すべてのタイク級ボートには鉛蓄電池の代わりにリチウムイオン電池が搭載されていると述べた。 最後の2隻は長龍型船です 海上自衛隊の場合: おりゅう (SS 511) および 鳥生 (SS 512)。

京都に拠点を置く電池システムの開発・製造会社であるGSユアサは、これらの新型潜水艦にリチウムイオン電池を供給した。 これまでSSKにリチウムイオン電池を搭載した唯一の国は日本であり、次に韓国がKSS-III(道山アン・サンホとしても知られる)の第2陣で搭載されると予想されている。クラス。 2020年代後半の潜水艦。

日本の防衛省(MoD)によると、新型「たいげい」型は「コンパクト」かつ「高効率」な蓄電・配電システムを採用している。

国防省によると、このクラスでは、高度な統合センサー、指揮統制、兵器交戦システムを統合した新しい戦闘管理システム(CMS)が使用されているという。

さらに、痕跡を減らすために改良されたシュノーケルシステムと、検出能力を向上させるために光ファイバーアレイ技術に基づく新世代ソナーシステムを採用しています。

たいげい型は、そうりゅう型の最後の 4 隻に組み込まれているのと同じ魚雷対抗システムを使用しています。 使用する魚雷は日本の新型魚雷で、先代の 89 式魚雷にちなんで 18 式魚雷と呼ばれています。 新しい魚雷は当初「G-RX6」と呼ばれ、推進力、目標探知、処理などいくつかの分野で改良が加えられている。

UGM-84L ハープーン ブロック II 対艦ミサイルは、地上目標に対して配備することができます。 このミサイルの射程は248キロで、日本に「反攻撃能力」を与えるのに十分であり、東京では今も激しく議論されている。

2015年5月、米国国務省はこれらの潜水艦発射ミサイルの日本への売却を承認した。 この契約の価値は当時1億9,900万ドルでした。 米国防協力庁によると、日本政府は、海上自衛隊の現在の能力であるUGM-84CおよびRGM-84Cハープーンミサイルを補うために、48発のUGM-84LブロックIIミサイルを要請した。

たいげい型潜水艦の主力艦、命名 タイガイ (SS 513)、 2022年3月発売予定。 クラスの 2 番目の名前 白鯨 (SS 514)、2023 年 3 月に発売。 クラスの4番目、名前は 頼慶2023年10月に川崎重工業(KHI)によって就役され、2025年3月に就航する予定です。 ハクゲは「白いクジラ」を意味し、ライクは「雷クジラ」を意味します。

国防省は、SS 517、SS 518、SS 519、SS 520 型潜水艦をさらに 4 隻建造するための資金を割り当てており、三菱重工が 1 番艦と 3 番艦を建造し、川崎重工が 2 番艦と 4 番潜水艦を建造している。

海上自衛隊は、たいげい型潜水艦の建造隻数を正式に決定していない。 しかし、海上自衛隊がこれまでに各級潜水艦約10隻を建造していることを考慮すると、たいけ型潜水艦の総数は変わらないことになる。 言い換えれば、防衛省と海上自衛隊は、老朽化し​​たおやしお型潜水艦の更新ペースを現状のまま維持することになる。

2022年12月に政府が承認した現在の防衛整備計画(2023年度から2027年度)では、たいげい型潜水艦11番艦が2027年度に建造される最後の型となる。

ごく最近では、2023 年 12 月 22 日、東京の防衛省は、2024 年度にこのクラスの 8 番目の SSK または SS 520 を建造するために 950 億円の資金を受け取りました。

次期潜水艦の建造は次の2028年度予算に基づいて開始される。 これは、防衛省と海上自衛隊が次世代潜水艦について真剣に検討する必要があることを意味する。

たいげい級と新たな安全環境

ディーゼル電気攻撃型潜水艦「Xingei」は 2024 年 3 月 8 日に就役しました。 撮影は高橋康介。

日本周辺の安全保障情勢を見ると、中国とロシアは原子力潜水艦戦力を増強している。 北朝鮮は日本列島に射程1500キロ以上を到達できる弾道ミサイルを搭載した原子力潜水艦の取得も計画している。 台湾海峡有事の可能性が現実味を増す中、海上自衛隊の潜水艦が遂行できる作戦任務や海域は拡大している。

このような厳しい安全保障状況において、新型潜水艦の開発は、敵領域攻撃の可能性を含む反攻撃能力の獲得を求める防衛構造計画に沿ったものでなければならない。

防衛創造計画では具体的に次のように述べられています。 「MSTFは、潜水艦搭載スタンドオフミサイルを獲得して水中の覇権を獲得することを目的として、垂直発射システム(VLS)を備えた潜水艦発射型潜水艦(SS)を開発する。」

東京の数人の軍事専門家は、タイケ級VLSは、新型の高出力ディーゼルエンジンや関連機器にもかかわらず、船体サイズが比較的小さく電力が限られているため、原子力潜水艦に比べて運搬が難しいと指摘している。 たいげい型4番艦が導入されています。

水中から長距離ミサイルを発射できる垂直発射体を搭載した新型潜水艦を建造するには、日本の新型潜水艦の大型化と追加の電力供給能力の確保が必要となる。

さらに、日本の新型潜水艦には次世代の高出力ソナーやさまざまな水中無人探査機(UUV)が搭載されることは避けられず、いずれも現在よりもはるかに多くの電力を必要とする。

次期潜水艦の要件について尋ねられたとき、 海軍ニュース海上自衛隊の酒井良司令官は3月6日の記者会見で次のように答えた。

「これは確かに将来的に検討しなければならないことだ。トマホークミサイルを発射できる垂直発射システム(VLS)を搭載した潜水艦も存在するだろう。通常の潜水艦とトマホークミサイルを発射できる潜水艦をどのように区別するかについては、今後の検討が必要であると認識している」ミサイル発射による反撃を開始する可能性がある」と述べ、これ以上の詳細は明らかにできない。

酒井リオ提督

READ  東京オリンピック:日本、アメリカは福島東京オリンピックニュースでソフトボールアクションで2-0を開始