11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、ニカタ県の松之山温泉地熱発電所

松之山温泉地熱発電所、十日町、ニコタ、日本(出典:GPSS)

2021年1月からの商業運転により、松之山温泉コミュニティ地熱発電所は、地元の温泉を利用して観光地に再生可能エネルギーを提供します。

2020年12月の打ち上げイベントで、松之山温泉コミュニティ地熱発電プロジェクトが正式に立ち上げられました。 日本のGPSは先月そのウェブサイトで発表されました

松之山温泉GKマンマとGPSSグループのグローバルデベロップメントアンドインベストメントインクの合弁会社、松之山温泉GKザアースが運営しています。 このプラントは210kWの発電能力を持ち、Organic Rank Cycle(ORC)プラントです。

開会式では十日町市長さん。 その際、近藤喜文氏は「十日町では、東日本大震災後、地域で消費される再生可能エネルギーの30%を使用することを目標に掲げています。 この目標から生まれた最初の事業は、この地熱発電です。 一方で、松之山温泉の豊富な資源を活用する地域の意欲。 一方、「温泉の分布に影響を与えない資源を活用する」というグローバルウォーミングデベロップメントコーポレーションリミテッドのプロジェクト提案は、二国間の取り組みの優れた組み合わせです。 ノスタルジックな取り組みに携わった皆様に敬意を表したいと思います。

また、TheEARTHの松之山温泉GKさん。 柳和成氏は、「この件については、何度か熱く議論されてきましたが、発電所の開設を歓迎することができました。 GPSSチームスローガン: 地球ではなく、あなたの魂を燃やしなさい、GPSSチームの皆様、松之山へのご関心とご関心を賜り、誠にありがとうございました。 今後は、持続可能な観光と持続可能な環境を組み合わせて、地域の魅力をさらに高めていきたいと思います。

GPSグループの地熱開発投資会社の氏。 谷澤智文は、小野発電所で使用されているORC発電のメカニズムについて説明しました。 また、「地域社会と連携し、地域社会に貢献することで、地球温暖化を推進する経営理念を持っています。 3年前に松之山温泉を訪れた時、彼らは自分たちの資源を使った発電で持続可能な循環を実現したいと強く望んでいたことを覚えています。 十日町市や松之山温泉コミュニティと何度も話し合った結果、ようやく発電所の運転を開始しました。 私たちはまだ揺籃期にありますが、この発電所が今後15年間持続的に稼働することを保証します。

「松之山温泉?コミュニティ発電」は、2021年1月15日からFIT方式で東北電力に販売され、その後、世田谷区をはじめ全国の電力消費者にミナテンリオク株式会社から配電されます。 。 十日町市にやさしいです。

ソース: GPS

詳細が含まれています 植物画 (pdf)

READ  シエラスペースコーポレーションは、架空の宇宙ステーションのために日本でパートナーシップを継続しています