2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本、米空軍オスプレイ墜落事故の残骸を引き渡す

日本、米空軍オスプレイ墜落事故の残骸を引き渡す

東京—日本の当局者が米空軍から残骸の一部を引き渡した ミサゴ 日曜日に日本の南西部で米軍に衝突した。 行方不明の隊員7人の捜索が続いている。 これまでに回収された遺体は1体のみで、正式に身元が確認されている。

残骸は管区海上保安本部の船と屋久島市の漁師らによって回収された。 CV-22は水に墜落した 水曜日に沖縄への訓練任務で市内近郊にいた。

海上保安庁第10管区本部は、役場に保管されていた身元不明の残骸はさらなる調査のため米軍に引き渡されたと発表した。 漁師らが集めたゴミは日曜早朝に米軍が引き取り、沿岸警備隊が集めたゴミは同日中に引き渡される予定。

引き渡しは日米地位協定に基づく手続きで、米国が別段の決定をしない限り、日本当局には米軍資産の押収や尋問の権利は与えられない。 これは、日本が事故原因を究明することは事実上不可能であることを意味する。

地位協定として知られるこの協定は、過去に沖縄などで米軍関係者が関与した刑事事件に対する日本の訴追をより困難にしており、玉城デニー沖縄県知事を含む権利活動家らから不均衡だと批判されてきた。 訂正です。

空軍特殊作戦司令部が被害者を正式に特定 空軍参謀軍曹ジェイコブ・ガリハー マサチューセッツ州ピッツフィールドでは、土曜日に追悼行事が始まる前日。

ガリハルさんの家族は土曜日に声明を発表し、悲しみに暮れており、妻、2人の子供、その他の家族のためにプライバシーと祈りを求めていると述べた。

「ジェイコブは多くの人にとって素晴らしい息子であり、兄弟であり、夫であり、父親であり、友人でした。彼の短い生涯は、ピッツフィールド、この地域、そして彼が仕えていたあらゆる地域の何百人もの人々の生活に感動を与え、改善しました」と遺族は語った。 「ヤコブは家族、国、そして愛する人々に奉仕するために生きました。」

米軍は残りの乗組員の捜索が続いていると発表した。

特殊作戦軍太平洋司令官ジェレミー・ウィリアムズ少将は、「航空特攻隊員の家族に対し、われわれの努力は継続し、可能な限りあらゆる能力を自由に活用できることを保証したい」と述べた。

ラーム・エマニュエル駐日米国大使は日曜日の声明で、「これほど有望な青年が、いくつかの理想のために命を落とすのを見るのは、心も魂も張り裂ける思いだ」と述べた。 同氏は軍関係者と彼らが活動する地域社会の安全が最優先だと述べ、「装備、航空機、使用するあらゆるもの」の安全を確保すると約束した。

エマニュエル氏は、依然として行方不明の7人の捜索活動への支援に対して自衛隊、沿岸警備隊、地元漁民に感謝し、完全な透明性を約束した。

「当然のことながら、私たちはパートナーである日本に対して透明性を保ち、何が起こったのかを完全に透明性のある方法で調査し、解決するつもりです。 答えるべき疑問はたくさんあるが、我々は他の軍人の安全を守るため捜索救助活動に全力で取り組んでいる」とエマニュエル氏は述べたが、米側が日本当局による事故調査を許可するかどうかには言及しなかった。

シャープがメイン州ポートランドから報じた。

READ  ワールド ベースボール クラシック ラウンドアップ: イタリア、日本進出