10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本が緊急事態を終えるにつれ、乗客でいっぱいの列車

東京(AP)-日本は、感染が拡大するにつれて、流行に見舞われた経済を復活させるためにウイルス操作を徐々に促進し始めたため、6か月以上ぶりにコロナウイルスの緊急事態から抜け出しました。

東京のにぎやかな品川駅では、ハリケーンが近づいても仮面の乗客が急いで出勤し、遠距離恋愛を終えて帰宅する乗客もいた。

東京を含む国の緊急活動の半分以上は、過去数週間にわたって新しいガス負荷が着実に減少した後、木曜日に終了しました。これは、日本の医療制度への圧力を和らげるのに役立ちました。

菅義偉首相は、忍耐と協力に感謝し、基本的なウイルス対策に固執するよう求めた。

「繰り返しになりますが、私たちが日常生活で安心できるように、皆様のご協力をお願いいたします」と語った。

緊急避難は、一部の人々にとって新たな始まりを示しました。

サラリーマンのスキハラ明文さん(46)は、一年ぶりに駅に戻ったと語った。 「私は1年以上自宅で仕事をしていて、今日東京のオフィスに来ました(緊急事態)は削除されました」と彼は言いました。 「本当に久しぶりです。新たなスタートのように感じます。」

別のサラリーマン、林香織さん(37)は、通常の金曜日だと言った。 「私の心の中で本当に変わったことは何もありません」と彼は言いました。 「私たちはもっと注意しなければなりません。私は目を覚まし続け、いつものように私の人生を続けます。」

日本は、天候が冷えたときに別の流行を防ぐ必要性のバランスを取りながら、社会的および経済的活動を拡大することに熱心です。 彼らは、政府がより多くの一時的なCOVID-19治療施設を開発し、将来再出現するためにワクチン接種を継続するためにより多くの時間を必要としていると言います。

緊急措置には、主にレストランにアルコールと営業時間を管理するよう求めることが含まれます。 彼らは現在、アルコールを提供し、1時間以上行動することができますが、午後9時に閉店する必要があります

全国で毎日報告されている症例は、水曜日の時点で1,600未満に減少しました。これは、8月中旬のピークの10分の1未満です。 専門家は、ワクチンが進歩し、医療システムが夏に崩壊するにつれて、社会的距離の努力が増加したために減少したと考えています。

日本の人口の59%以上が完全にワクチン接種されています。 日本では約169万人の症例と17,641人のKovit-19人の死亡があります。

___

AP通信のジャーナリスト、田中シサド氏がこのレポートに寄稿しました。

READ  日本の石油会社ENEOSが再生可能スタートアップを17億ドルで買収