12月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本での接続を強化する新しい航空会社

新しい日本の航空会社土岐航空と地域の航空機メーカー ATR は、賃借人の NAC 経由で ATR 72-600 の納入を発表しました。 10年間のATRグローバルメンテナンス契約の下で、この航空機は、2023年に運用が開始され、日本の新潟市とその周辺地域を活性化するというトキエアの使命をサポートします。

日本で ATR を運航する 4 番目の航空会社であるトキ エアの名前は、日本の自然保護のシンボルであるトキとしても知られる祖先の鳥に由来しています。 これは、自然と調和して地域を結び、CO2排出量が少なく、燃料効率が最も高い航空機を運航するという航空会社のコミットメントを反映しています。

トキエアは、日本でATR便を運航する4番目の航空会社です。

トキエア代表取締役の長谷川正明は、次のようにコメントしています。 この初飛行により、新潟県とその周辺地域に責任ある信頼性の高い航空接続を提供するという私たちの崇高な使命を果たすことができます。

ATR の CEO であるナタリー・タルノー・ラウデは次のように付け加えています。 “

ATR グローバル保守契約を通じて、ATR は信頼性が高く効率的なサービスで航空会社をサポートします。

現在、全国で 15 機の ATR 航空機が飛行しており、ATR は中期的に 100 機の ATR 航空機の可能性を見込んでいます。

READ  オスカーにノミネートされた映画に対する日本の映画監督「フルプライド」