4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本では、岸田首相の与党自民党が、若手議員と「ゴーゴーダンサー」とのパーティーは「全く容認できない」と主張

日本では、岸田首相の与党自民党が、若手議員と「ゴーゴーダンサー」とのパーティーは「全く容認できない」と主張

中部日本の集会で政治家とその支持者らが露出度の高いダンサーらに接待されたとの報道を受け、与党自民党青年部の幹部2人が辞任した。

このパーティーは和歌山県の同党青年部のために11月に開催され、ダンサーの衣装に紙幣が差し込まれたり、ダンサーと参加者の間で口コミが交わされたりしたという。

彼の首相在任中、これらの発言はメディアと国民の怒りを引き起こした 岸田文雄 同氏は自民党との癒着を含む過去のスキャンダルの後、すでに世論調査で苦戦していた。 統一教会 また、数十人の党員が党の資金を集めるイベントで利益を得ているにもかかわらず、税金目的で寄付金を報告していない。

統一教会との関係を巡り岸下大臣の解任を求める声が高まる

自民党の藤原崇氏(40)が同党常務理事の中曽根康隆氏(42)とともに青年部長を辞任したと同党が認めた。

藤原氏は金曜日、報道陣に対し「国民の信頼を損なう行為をしたことをお詫びする」と述べた。

東京工業大学でジェンダーとメディア研究を専門とする准教授治部蓮華氏は、当初は政治家がそのようなイベントに参加しているとは信じがたいと語った。

「信じられないほどばかげている」と彼は今週アジアで語った。 「このようなパーティーは何十年も前にあったと主張する人もいるかもしれませんが、私たちの社会で期待されている現在の基準の下では、それは完全に受け入れられません。」

このような考えがまだ存在していることが本当に信じられません

治部れんげ(ジェンダー・メディア学教授)
ビキニ姿で踊っている女の子たちが登場するパーティーは、今日の東京や他の大都市では起こらないだろうと治部氏は語った。 日本しかし、田舎に住む保守的な年老いた男性たちは、現代的な行動基準をまだ思いついていない。

「このような考え方がまだ存在しているとは本当に信じられない」と彼は語った。

イベントに出席した約40人の参加者の一部を引用した日本のメディアの報道によると、5人の女性ダンサーが2回ステージに登場したが、そのテーマは「多様性」だったという。

同イベントの主催者で党和歌山青年部会長の川畑哲也氏は全日ニュースのインタビューで、ダンサーたちを組織した「仲介者」について知っていたことを認めた。

川畑さんは、衣装に紙幣を入れる際に本人や他の人がダンサーに触れたか問われ、「ちょっと…。細かいことは思い出さないといけない」と語った。

一連の不祥事を受けて岸田文雄首相への支持が急落している。 写真:京都

このニュースはネット上で怒りを呼び、右派産芸新聞のウェブサイトには「こんな人に国政を任せるべきではない。国政を任せるべきではない」というコメントもあった。 政治家の態度の悪化は深刻だ。

別の人は、「LTPメンバーが関与した最近のスキャンダルの多くは解雇され、関係者は『遺憾の意』を表明している」と付け加えた。 この恥ずべき青少年課会議は「遺憾」で片づけられる問題ではない。

テンプル大学東京キャンパスの政治学教授、村上弘美氏は、この種の事件は実際にはメディアで報道されているよりも広範囲に広がっており、「多様性と他者への尊重に対する認識と理解が完全に欠如していることを反映している」と懸念していると述べた。 」

このスキャンダルで日本の岸田文雄首相内閣の支持が失墜している

「このようなことが古い世代の保守的な地方政治家の間で起こっているのを我々は見ている」と彼は語った。 「彼らはこの種の行為が許容される環境で育っており、現代社会に追いついておらず、この種のことが非常に不適切であることを認めていません。

「彼らにはそれが似合うよ。」

共同通信社が日曜に実施した世論調査では、岸田氏の支持率は1カ月で4.4ポイント低下し、わずか20.1%となった。

辞退の原因は、同氏が党の財政不正に対処したことと、党員が自らの行為に対して事実上再び手首を平手打ちするだけで済むと国民が認識したためである。 調査は和歌山県の事件発覚前に実施された。

READ  英国は国葬でエリザベス女王に最後の別れを告げる