9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本では反原発PMのベッドでグリーンエネルギーストックが増加

(ブルームバーグ)-原子力発電に反対することで知られる政治家である河野太郎が主要なライバルとして浮上したため、月曜日に小売業者からの熱狂的な買収が日本の再生可能エネルギー株を送った。

太陽光発電所とバイオガス発電所を運営するルノー社は15%増加し、太陽光発電会社のウエストホールディングスは9%以上増加しています。 その日、関西電力が2.7%下落したため、原子力の名前は大幅に失われました。

菅義偉首相が大統領に就任した後、誰が政権を握るかについての与党の決定はわずか数週間先であり、河野氏が大統領になった場合に反核姿勢を堅持するかどうかはまだわからないという好奇心が民間投資家から高まっている。 人々が彼らが望むリーダーを求めたとき、河野は週末にメディアの世論調査を上回った。

読む:グリーンはスタートアップバントよりも日本で安くなるだろう

東京の三菱UFJモルガン・スタンレー証券の投資ストラテジスト、藤戸典弘氏は、「首相の仕事の競争が始まったら、彼が以前の立場を自分の政策に本当に反映しているかどうかは別の話だ」と述べた。

月曜日に上昇した他の株の中には、省エネシステムのプロバイダーであるDes Holdingsが7%上昇し、低コストのエネルギー製品とサービスのプロバイダーであるCreams Inc.が6.6%上昇しました。 太陽電池の開発者であるNPCInc。は5.2%増加し、バイオマス発電会社のeRex Co. 7.8%累積。

読む:スカに勝つためのレースで注目すべき人はここにあります

このような話はたくさんあります Bloomberg.com

今すぐ購読 最も信頼できるビジネスニュースソースを先取りしてください。

212021ブルームバーグLP

READ  東京のTiyagiショップでは、伝統的な日本のスナックのベジタリアンバージョンを初めて提供しています