7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本で土砂崩れや洪水で1人死亡 ウェザーニュース

日本で土砂崩れや洪水で1人死亡 ウェザーニュース

日本の南西部での大雨により、1人が死亡し、数十万人が避難を求められています。

豪雨が日本の南西部の一部を襲い、洪水や土砂崩れを引き起こし、少なくとも女性1人が死亡、6人が行方不明となっている。

気象庁は月曜日、九州南端の福岡県と大井田県に「過去最大の豪雨」として特別警報を発令し、川沿いや山間部の住民に最大限の警戒を呼び掛けた。

福岡県と大分県では42万人以上が「命の危険があり、直ちに行動を起こす必要がある」という5段階の日本の措置のもとで避難している。

佐賀県唐津市の土砂崩れ現場 [Handout: Karatsu City via AFP]

脆弱な地域に住む170万人以上の住民にも避難するよう指示された。

日本には5段階の避難指示があるが、人々は強制的に自宅から離れることはできない。

消防庁によると、少なくとも6人が行方不明となっている。

週末以来、九州と津国地方で降った雨により、いくつかの河川で土砂崩れや氾濫が発生し、道路の通行止めや電車の乱れ、一部の地域で断水が発生した。

福岡県曽田市で老夫婦が土砂崩れの下敷きになった。 共同通信社の報道によると、1人は生きて救助されたが、77歳の女性はその後死亡した。

同庁によると、救助隊員らが佐賀県唐津市で家屋が土砂崩れに見舞われた3人の捜索を行っている。

他に3名がこの地域で行方不明となっている。

NHKテレビの映像では、大分県耶馬溪町の橋を流れる山国川の濁流が映っていた。

岸田文雄首相官邸は、豪雨への対応を調整するための対策本部が設置されたと発表した。

政府報道官の松野博一氏は記者団に対し、「国内各地で複数の河川の氾濫や土砂崩れの報告を受けている」と語った。

同氏は「政府は被害の全体像を把握し、『国民第一』の原則に基づいて対策を講じるために全力を尽くしている」と付け加えた。

JR西日本によると、雨により広島-福岡間の新幹線が一時運休するなど、移動に支障が生じた。

福岡県久留米市で冠水した道路を歩く人々 [Kyodo via Reuters]

松野氏によると、西日本各地の数千戸が停電した。

日本は毎年梅雨の時期を迎えており、頻繁に大雨が降り、時には洪水や土砂崩れが発生して死傷者が発生します。

科学者らによると、大気の温暖化により水分が多く含まれるため、気候変動により日本やその他の地域で豪雨のリスクが高まっているという。

気象庁によると、この地域ではすでに1週間以上雨が降り続いている。

国交省河川担当の豊口義之氏は記者団に対し、「1週間以上雨が降り続いたため、この地域は非常に濡れている。たとえ雨が少なくても、川の水位は急速に上昇し、災害の危険が高まる」と語った。洪水。」

日本では山が多く、山麓の平地に家が建っていることが多いため、大雨の際には特に危険が伴います。

2021年、降雨により中心部のリゾート地アダミで壊滅的な地滑りが発生し、27人が死亡した。 そして2018年には、梅雨時に西日本で洪水や土砂崩れが発生し、200人以上が死亡した。

READ  韓国は日本より1日早く進出した