4月 19, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本で1,300万ドル相当の高級時計900個が行方不明

日本で1,300万ドル相当の高級時計900個が行方不明

ショッキングな事件では、レンタルサイトが閉鎖された後、1,300万ドル相当の高級時計900個が行方不明となり、所有者はドバイに逃亡したと伝えられている。

ロレックスやその他の高価な時計の所有者は、大阪に拠点を置く TokeMatch にそれらを貸し出し、顧客に貸し出す毎月の保証金を獲得しました。

TalkMatchを運営していたNeo Riversは1月31日、サービスを終了すると発表し、すべての時計を返却すると約束した。

しかし、19億円相当(1,260万ドル)相当の約900個の時計の所有者は資産と再会していない、と朝日新聞やその他のメディアが約190人の所有者グループの話として報じた。

時計の中にはオンラインオークションサイトで発見されたものもあり、所有者らは日本中の警察に数十件の告訴状を提出した。

オークションサイトを運営するボリュームズ・ジャパンはAFPに対し、同社が扱った時計のうち少なくとも20個が、トークマッチに貸し出されたシリアル番号と一致したと語った。

広報担当者は先週、転売によるさらなる被害を防ぐため、これらの時計の流通を直ちに停止したと発表した。

同氏によると、時計の半数はDokMatchサービスが中止される前にオークションサイトに出品されていたという。

日本シェアリングエコノミー協会は声明で、一部の時計が中古店にも流通しているとの報告を受けていると述べた。

同協会によると、日本の「シェアリングエコノミー」市場規模は急速に拡大しており、昨年度は2兆6000億円(170億ドル)に達した。

ネオ・リバースは同社の約400社の会員のうちの1社だったが、時計が返還されていないと所有者が苦情を申し立てたため、2月1日に上場廃止となった。

GGプレスは水曜、捜査関係者の話として、東京警察がロレックス時計偽造の疑いで「土気マッチ」オーナーの小湊隆澄容疑者(42)の逮捕状を取得したと報じた。

逮捕容疑は1月、所有者から借りたロレックスを65万円で売却した疑い。

しかし、小ミナド容疑者は2月下旬に日本からドバイに飛んだため、警察は同容疑者を国際指名手配する予定だと時事通信が伝えた。

READ  野村の仮想通貨子会社Laser Digitalが日本支社を開設