2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本と中国が11月中旬に岸田智に会う – サンゲ

[東京 11月4日 ロイター] – 日中両国は11月中旬に岸田文雄首相と中国の習近平国家主席との会談を予定していると、産経新聞が金曜日に報じた。

いくつかの政府情報源を引用して、サンゲ氏は、会議は東南アジアでの今後の国際会議と一致すると述べた。

最新の中日首脳会談は、2019 年中日首脳会談であり、当時の安倍晋三首相と北京で会談した。 習氏は2020年に国賓として日本を訪問する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックにより延期された。

松野官房長官は定例記者会見で、中国との首脳会談については何も決まっていないが、さまざまなレベルで対話を維持することが重要であると述べた。

松野氏は「両国政府の努力を通じて、対話がしっかりと維持され、共通の課題について協力が行われる、建設的で安定した中国との関係を構築することを目指す」と述べた。

習氏と岸田氏の会談は、11 月 15~16 日にインドネシアで開催される主要 20 か国首脳会議、または 11 月 18~19 日に開催されるアジア太平洋経済協力 (APEC) 諸国の首脳会議の傍らで行われる。 バンコクで産経は語った。

中日関係は、第二次世界大戦中の日本の占領と領土争いの遺産である東シナ海の小さな無人島群をめぐる紛争に長い間悩まされてきた。

米下院議長ナンシー・ペロシが8月に台湾を訪問した後、北京が開始した軍事演習の一環として、中国が日本近海に弾道ミサイルを発射した後、二国間関係はさらに悪化した。

ダニエル・ルシンク、勝村真理子、竹中清による報告。 トム・ホーグとウィリアム・マラードによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本の SoftBank は,投資が回復するにつれて黒字に戻る