11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本と韓国の航空会社は、チラシを引き付けるために斬新なアイデアを試みています

境界制御 ほとんどの観光客は、日本の流行対応の一環として入国を禁じられています。 そのため、航空会社は、国内線の割引を増やすことで収益を生み出すという並外れたアプローチを取っています。

ビーチアビエーションは今週、格安航空会社の国内線33便に毎月アクセスできる有効な写真付き身分証明書を持った12歳以上の乗客に150枚の無制限パスを販売すると発表しました。 特に栄養があると言われていました デジタル遊牧民 日本で遠く離れた仕事を探しています」職場「コロナウイルスを数か月間使用した後、そうでない場所への旅行を管理しました。

火曜日に、上位30人のバイヤーは173ドルでパスを購入できます。 (比較すると、21日間のジャパンレールパスの料金は583ドルです。)そして87ドルで、座席を予約し、確認済みのバッグを持参します。 残りの120パスの料金はさらに87ドルです。

制限事項航空会社は、ほとんどのフライトが着陸した後、国内線の必要性を信じています。

航空会社は8月の声明で、「乗客の需要は回復の兆しを見せており、予防接種が進むにつれて増加すると予想されている」と述べた。

韓国の格安航空会社は、国内線の需要を増やすだけでなく、急な割引チケットを提供しようとしています。 航空会社は飛行機の座席以外のものを販売しています。

韓国の予算キャリアであるD’WayAirは、ベーコン、トマトスパゲッティ、ハンバーガーステーキライスなどの食品を地上で顧客に販売することで、新たな収益を求めています。

その電子レンジ食品は、国内最大のオンラインショッピングサイトであるクパンで提供される「飛行機で旅行中に感じた喜びと興奮を顧客に思い出させるように設計されています」。

両国の旅行業界は、まだ既存のビジネス状態に戻るにはほど遠いです。 ビーチアビエーションや他の航空会社を含むANAホールディングスの子会社は、7月に国内線で135万人の乗客を飛ばしたと述べた。

韓国では、仁川空港が9月に540万人の国内線旅客にサービスを提供すると発表しました。これは、2019年9月に飛行した国内線旅客の総数のわずか40%から増加しています。

READ  東南アジアにおける日本の過小評価されている金融変革の概要