8月 13, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本における競馬の歴史

日本では競馬が長年人気を集めています。そこでこの記事では、競馬の歴史を振り返っていきましょう。

日本における競馬の歴史

競馬は、日本全国で最も人気のあるギャンブルです。では、このような国民的人気はどのようにして始まったのでしょうか。

日本で西洋式の競馬が行われるようになったのは約150年前だと言われています。しかし、競馬の歴史はもっと古く、競馬は元々朝廷の宗教儀式であり、8世紀には毎年5月に京都の上賀茂神社で当時の武士がレースを行ったのが始まりだとされています(この行事は現在も行われている)。その後、日本は貴族社会から封建社会へと移り変わり、さらに100万年以上もの間、競馬の伝統は失われることなく続いてきました。

その後、競馬は西洋化されつつも、日本の伝統として今でも楽しまれているのです。

西洋式の競馬

競馬の黎明期についてはほとんど知られていませんが、日本に初めて西洋式の競馬が伝わったのは19世紀だと言われています。

1854年の神奈川にて、アメリカ人提督マシュー・C・ペリーの協力のもと、日本は世界に開国をしました。その際に、多くの文化が日本に持ち込まれ、そのひとつが競馬だったのです。

そして、多くのヨーロッパ人が横浜に住み着いたことによって、日本の近代競馬の発祥の地とされるようになったのです。そのため、現在でも日本の競馬はヨーロッパの風習を取り入れ、競馬場もアメリカ式ではなく、ヨーロッパ式のダートコースを使用しています。

現代の競馬

競馬は他のスポーツと同様、多額の賭けを伴うため、法的な問題も多く発生しました。20世紀初頭の一時期、日本政府は国民の見逃していましたが、1908年からはより厳しく取り締まるようになりました。このため、賭博は違法となり、競馬の人気は一気に下がっていったのです。その後、15年後に念願の競馬法が制定され、再度競馬を楽しむことができるようになりました。

その結果、11の競馬クラブが設立され、レースのあり方を決定する帝国競馬会が設立されました。

1936年、競馬法の大幅な改正により競馬会は帝国競馬会と合併し、近代競馬の基礎が確立され、日本ダービーなどの大レースが誕生したのです。

最近ではブックメーカーを利用して気軽に競馬を楽しむことが出来ます。スポーツベットアイオー 競馬 オッズは種類が多く、世界中のレースにベットすることが可能です。

READ  バカラとは?