10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本に行こう! BrandsHutchの文化的な前哨基地。 -ドリックウッドスクール、ルークアーウィン

9月27日、ブランズハッチは、2回目の年次自動車祝賀会で、昇る太陽の小さな土地になりました。 日本に行こう!

日本に行こう! 日英文化の公式イベントとしてリストされており、レースだけでなく、魅力的な文化(そして彼らの車!)を教育し祝うのに役立つ国際的で多文化的なイベントとしての重要性を示しています。

文化行事:

日本に行こう! 主に日本文化への小さな窓を促進しようとしました。 たとえば、ケンタゴンレストランでは特に日本の伝統料理のメニューを提供していました。 文化的な近道は、私たちの顔を覆いたいという消すことのできない欲求です!

コメディゴシパーの手漕ぎバンド(明らかに日本で最も近代的な文化イベント)は、80年代のシティポップのエコーの増加を通じて予測を発表し、好みに応じて警告または魅力として機能しました。

車!

機能性と美学の両方で、数十のユニークな日本の工学分野が展示されていました。

数台の孤独な車が日ごとに立ち寄るとき。

レース!

日本に行こう! 1日を通して10以上の危険信号があり、順調に進んだ1日が証明されました。 タイプRトロフィーレースは特に衝撃的なスタートを切りました。 これは地元のロンドンです:危険なコーナーです!危険なコーナー!

信じられないほどのマーシャルの仕事のおかげで、リー・ディーコン(NO.48)は無害にそれをしました。 現在のお気に入りのアダムシェパードがその日を勝ち取ります。

全体、 日本に行こう! 励ましのプレゼンテーションが行われました 新興の国際主義者とモータースポーツ愛好家の両方の経験

READ  タンカーの船首に押し込まれた39フィートのクジラの衝撃的な写真