5月 18, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のお祭りでだるまに感謝とさようなら…火で【写真

山の寺院での劇的な見送り

だるま は日本の伝統的な幸運の人形であり、その美学は現代のカワイイコンセプトよりも前からありますが、見た目は紛れもなくかわいいものであり、少しばかげているかもしれません。 それはおそらく彼らのロリポリなプロポーションと誇張された顔の特徴の組み合わせですが、理由が何であれ、それを見たときに少し内側の笑いを感じないようにするのは難しい場合があります。

しかし、これらの写真は日本のTwitterユーザーからのものです @phaengy だるまをまったく新しい光で見せて…存在の光 燃えている!

だるまは本当に炎上しているので、CGやフォトショッピングもありません。

▼だるまの多くは、購入した人や団体の名前が表に書かれています。

では、ここで何が起こっているのでしょうか。 さて、新しいとき、ダルマは1つの例外を除いて完全に描かれた顔を持っています。 実際には、2つの例外があります。彼らには目がないからです。 あなたがしていることは、片方の目に絵を描くときに(特定の何かまたは単に一般的な健康と繁栄のような願望のために)願いを叶えることです。そしてあなたの願いが叶うとき、あなたはもう一方の目に絵を描きます

▼それで、これらのだるまが買われたという願いが叶いました。

でも、願い事が叶ったら、両目だるまはどうしますか? 自宅やオフィスの装飾として保管しておくのは問題ありませんが、 日本では、だるま、お守り、神札などの幸運のお守りは、約1年後には効果がなくなるという一般的な信念があります。その時点で、お寺やもともと手に入れた神社。 そして、その目的が果たされて、魅力は 僧侶が設定した儀式の焚き火で炎を上げます

@phaengyの写真は毎年恒例のものです だるまおたきげ (「だるま焚き火」) 臨済宗南禅寺、の町で 群馬県高崎市。 名前から推測できるように、 だるまは特にだるまで有名で、200年ほど前から地元の農村の村人が人形を購入しています。。 毎年1月に最大のだるま焚き火が開催され、他の神殿で購入しただるまは、持ち主が帰りができなくてもだるまでスイングできる場合に利用できます。 願いを叶えただるまを持っている人は、事前の通知があればお寺に郵送することもでき、僧侶が人形を焚き火に追加します。

▼寺院の公式ツイッターアカウントからの今年の1月の火の照明のビデオ

一部の人にとっては、これはあなたに幸運を授けた物を扱う厳しい方法のように思えるかもしれませんが、火は多くの日本の宗教的伝統に浄化効果があると信じられており、だるまじは焚き火をだるまの「追悼式」とさえ説明しています。 セレモニーは、初めての人にとってはかなり驚くべきものに見えますが、敬意を表する感謝の1つです。

関連している: だるまじ公式サイト
出典: Twitter / @ phaengyだるまじ
上の画像: パクタソ
画像を挿入:Twitter / @ phaengy
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター

READ  ウクライナでのプーチンの戦争は、日本に76年の傷を負わせました。 現時点では、ロシアは説得される準備ができていません