6月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のかつての米軍の家の村は奇妙な買い物と食事の経験を提供します

ジョンソンタウンは、第二次世界大戦後の米軍家族のために、東京の北にあるいわゆるジョンソン空軍基地の後に設立されました。 (アーロンキット/星条旗)

1950年代のアメリカンスタイルの家があり、東京北部の​​旧米軍基地の外で西洋料理やショッピングを提供している小さな村。

ジョンソンタウンは、第二次世界大戦後の米軍家族の家に成長し、当時はジョンソン空軍基地として知られていました。 アメリカ人が1970年代にジョンソンを去った後、村の家は私的な手に落ちました-現在イルマとして知られている日本の空軍基地。

ジョンソンタウンの訪問者にとって最も魅力的なエリアは、「ビーバーちゃんに任せて」などの古典的なシットコムを彷彿とさせる同じアメリカンスタイルの家の列かもしれません。 多くの人が淹れたてのコーヒーやハンバーガーから楽しい家具や衣類をビジネスに変えました。

ジョンソンタウンへの訪問者にとって最も魅力的なエリアは、同じアメリカンスタイルの家の列かもしれません。 多くの人が淹れたてのコーヒーやハンバーガーから楽しい家具や衣類をビジネスに変えました。

ジョンソンタウンへの訪問者にとって最も魅力的なエリアは、同じアメリカンスタイルの家の列かもしれません。 多くの人が淹れたてのコーヒーやハンバーガーから楽しい家具や衣類をビジネスに変えました。 (エリカアール/星条旗)

ダンススタジオのオーナー、振付師、イベントプロデューサーの佐々村忍は、ジョンソンタウンの家の1つに7年以上住んでおり、英語に翻訳すると、彼のスタジオはいわゆるサークルオブライフに変身しました。

ダンススタジオのオーナー、教師、イベントプロデューサーの佐々村忍は、東京北部の​​ジョンソンタウンに7年以上住んでいます。 彼は彼のスタジオをアメリカ軍の家族が滞在した中世の家の1つに変えました。

ダンススタジオのオーナー、教師、イベントプロデューサーの佐々村忍は、東京北部の​​ジョンソンタウンに7年以上住んでいます。 彼は彼のスタジオをアメリカ軍の家族が滞在した中世の家の1つに変えました。 (エリカアール/星条旗)

「私たちは、Flashtansの映画のようにこのスタジオを持つことを夢見ていました」と彼は言いました。

東京の演劇で働いていたサバムラは、都会に引っ越す前に、忙しい街から離れてキャリアを積みたいと語った。 ジョンソンタウンの住人として、サバムラはもっと近いコミュニティに住みたいと言いました。

「それを説明することはできませんが、私の精神と体はここで健康に感じます」と彼は言いました。 「私たちはみんな友達です。 私もこの土地が好きです。 庭の数。 自然に親しみを感じることができます。

彼がバレエ、ジャズ、ドラマを教えている彼のスタジオで、サバムラは彼が70人の日米の学生を持っていると言いました。

混合コミュニティであるジョンソンタウンのレストランでは、日本料理と西洋料理の両方を提供しています。 後者が好きな人には、CaféSainomori、Blue Corn、Maverick’sBeerStationがたくさんのおいしいオプションを提供しています。

東京の北にある元米軍の住居であったジョンソンタウンにあるレストランの1つであるポークショップのキッチンの近くに、ドライフラワーが飾られています。

東京の北にある元米軍の住居であったジョンソンタウンにあるレストランの1つであるポークショップのキッチンの近くに、ドライフラワーが飾られています。 (アーロンキット/星条旗)

折井美智子が過去12年間経営してきたカフェサイノモリでは、昔ながらのショップスタイルでサンドイッチやハンバーガーを提供しています。 カフェではオープンマイクナイトなどの生演奏を楽しめます。 オリ氏によると、アーティストの何人かは近くの横田空港から来ているという。

カフェ彩の森は、東京北部の​​ジョンソンタウンにある昔ながらの店風の店でサンドイッチやハンバーガーを提供しています。

カフェ彩の森は、東京北部の​​ジョンソンタウンにある昔ながらの店風の店でサンドイッチやハンバーガーを提供しています。 (エリカアール/星条旗)

ルーシーチーズバーガー(1,100円または約9ドル)は、この店で最も人気のあるアイテムで、ケチャップ、マスタード、ピクルスを使ったアメリカンスタイルのハンバーガーが好きな人にぴったりです。 Oriは毎日のチーズケーキのローテーションメニューも提供しています。

ブルーコーンは、アメリカ料理のレストランで食事をするのにもう1つの良い場所です。 壁にはアメリカのナンバープレートが飾られており、レストランにはスターウォーズやディズニーなどのオーナーからのアメリカのニックネームが飾られています。

東京の北にあるジョンソンタウンの一部では、ブルーコーン、チリチーズフライ、テックスメックスボウルなどのアメリカングリーススプーンの典型的なオプションのような料理で、楽しくキッチリな美学を提供しています。

東京の北にあるジョンソンタウンの一部では、ブルーコーン、チリチーズフライ、テックスメックスボウルなどのアメリカングリーススプーンの典型的なオプションのような料理で、楽しくキッチリな美学を提供しています。 (エリカアール/星条旗)

この場所は、チリチーズフライやテックスメックスボウルなどのアメリカングリーススプーンの典型的なオプションのような料理で、楽しくキッチュな美学を提供します。 ブルーコーンは、日本ではなかなか手に入らない食材を揃えた、いわゆる「フランケンフード」にぴったりの場所です。

マーベリックビールステーションで最も人気のあるメニューは、バッファローウィング(6個で880円)ですが、フライドチキンなどの典型的な居酒屋料理も提供しています。 ジャガイモやチーズ、ブロードワーストなどのドイツ風料理も提供しています。

東京の北にあるジョンソンタウンと呼ばれる村の一部であるマーベリックスビールは、ドイツとオーストリアの輸入ビールで有名です。

東京の北にあるジョンソンタウンと呼ばれる村の一部であるマーベリックスビールは、ドイツとオーストリアの輸入ビールで有名です。 (エリカアール/星条旗)

Maverick’sは、ドイツとオーストリアの輸入ビールで知られています。これらのビールは、4〜6人で5,100円で提供できる3リットルの大型オプションがあります。

ジョンソンタウンへの訪問者は、夏のサイクル中にクラシックなエアストリームトレーラーからのクイックサービススタイルの食事を楽しむことができますが、地域のいくつかの店のように、カフェは月曜日に休業します。

ジョンソンタウンへの旅行を計画している場合は、レストランの1つで食事をしたり、買い物をしたり、写真を撮ったりするのに3〜4時間かかります。 ジョンソンタウンの入場料はありませんが、駐車料金を支払う必要があります。 料金は1時間200円、1日800円です。

ジョンソンタウンのほとんどの場所はカードと現金の両方を受け入れますが、一部の店は現金しか持っていません。

ジョンソンタウン全域での写真撮影は許可されていますが、一部の私有住宅道路での写真撮影は禁止されています。

多くのカフェはペットに優しいです、そして多くの人々は私の最近の訪問の間彼らの犬を彼らと一緒に飼っていました。

東京の北にあるジョンソンタウンの多くのショップやカフェには、米軍のメンバーを収容するために使用された近所の記念碑があります。

東京の北にあるジョンソンタウンの多くのショップやカフェには、米軍のメンバーが滞在する近所に記念碑があります。 (エリカアール/星条旗)

QTで

方向: 東京西部の横田空港から車で約30分。 埼玉県入間市あずまちょ1-6-1358-0002

時間: ほとんどの店舗は毎日午前10時から午後5時まで営業しています。 ほとんどのレストランは午前11時から午後6時まで営業しています。

費用: 駐車料金は1時間200円、1日800円です。

食べ物: 多くのカフェ、レストラン、座席レストランがあります。

情報: www.johnson-town.com

READ  ポンペオへの日本の貴重なウイスキーギフトはまだありません