9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のアニメ業界の売上高は2020年に1.8%減少しています

東京発-大ヒット漫画「鬼滅の刃」の漫画シリーズの記録破りの成功のような映画が流行に対処できなかったため、日本のアニメーション制作は10年ぶりに1.8%減少した。 信用研究所によると、影響。

ディエゴデータバンクの最近の調査によると、昨年の業界売上高は2,511億円(23億ドル)で、2019年の2,557億円から増加した。

映画業界では、「鬼滅の刃-鬼滅の刃-映画:鬼滅の刃」で、興行収入400億円を超える史上最高の興行収入を記録した。

その他のヒット作には、2年前の会社のスタジオでの致命的な火災の犠牲者を描いた京都のアニメーション映画「バイオレットエバーガーデン:ザムービー」があります。

それでも、Covid-19の流行は多くのスタジオで制作プロセスを遅らせ、300のアニメーション制作会社の48.6%が2020年までに売上の減少を報告するようになりました。

1社あたりの平均年間売上高は2020年の4年ぶりに8億3100万円に落ち込んだものの、昨年は31.6%増となった。

調査によると、利益面では、37.7%の損失と31.1%の利益成長を記録し、利益は29.5%減少しました。

調査会社によると、日本のアニメ業界の見通しは厳しく、中国のアニメ会社との競争が激化する可能性が高いという。

中国企業は、日本のスタジオで株式を取得することにより、日本の人材を雇用し、日本の製造技術を習得するためにより高い賃金を支払っています。 ディエゴデータバンクは、アニメーションの品質が近年改善された機能で改善されていると述べました。

==京都

アーカイブからの関連ビデオ

ANC、日本、アニメーション、アニメーション産業、アニメ、日本アニメ、日本アニメーション産業

READ  日経は日本の新西銀行がSBIオークションから保護していると言います