6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のインフレ指標は4月に2%を下回った

日本のインフレ指標は4月に2%を下回った

火曜日のデータによると、主要なインフレ指標は4月に日銀が目標とする2%を1年半ぶりに下回った。

このニュースにより、日銀の次回利上げの時期について不確実性が高まった。

関連記事: インドの世論調査が終了に近づく中、投資家はあらゆる結果に備えている

データによると、物価インフレが拡大しているかどうかを示す3つの尺度である平均インフレ率は、3月の1.3%上昇に続き、4月は1.1%上昇した。

価格変動分布の上限と下限を除いた調整平均指数は、4月に前年同月比1.8%上昇し、前月の2.2%から低下した。

それによると、供給に最も集中したインフレ率を示す第3指数は4月に1.6%上昇し、前月の1.9%上昇から鈍化した。

日銀 8年間続いたマイナス金利が終了 そして、2%のインフレ目標の達成を継続するとみられる3月には、積極的な金融刺激策のその他の残骸が表面化した。

日銀の上田和夫総裁は、コアインフレ率が現在の計画通り2%に上昇すれば、中銀は金利を現在のゼロ近辺から引き上げると述べた。

このデータは、物価上昇が一次産品コストの上昇によるものを超えて拡大しており、堅調な内需に支えられて持続する可能性が高いという日銀の見方に疑問を投げかけた。

  • ジム・ポラードによる追加編集を含むロイター

以下も参照してください。

日本はフリーフォールのリスクが後退するまで円を下支えする:元日銀総裁

中国、日本、インドの経済は「外国人排斥」によって抑制されている:バイデン氏

日韓米、円、ウォン急落で為替協力で合意

中国人民元と円が世界決済ランキングで急上昇 – FT

円とインフレ圧力により「今年は日銀が引き締めを余儀なくされる可能性がある」

公式警告を受けて円は安定、日本の日経平均は急騰

通貨下落が続く中、日本は円介入を沈静化

ユウタ政策の正常化に伴い、日銀がマイナス金利を終了

ジム・ポラード

ジム・ポラードは、1999 年からタイに拠点を置くオーストラリア人ジャーナリストです。 彼は、90 年代後半に東南アジアを旅する前に、シドニー、パース、ロンドン、メルボルンで News Limited の新聞に携わりました。 彼は 17 年以上、The Nation の上級編集者を務めました。

READ  日本のインフレ率は約2年高く、日銀の旗に対する価格圧力を示しています